講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. 旅・社会・暮らし
  4. 佐治 晴夫
佐治 晴夫

佐治 晴夫(サジ ハルオ)

現 職

鈴鹿短期大学学長
日本天文学会、日本物理学会、美学会所属
(財)日本数学検定協会理事
(財)日本宇宙少年団理事

経 歴

1944年東京生まれ。
立教大学、東京大学で基礎数学、理論物理学を学び、東京大学物性研究所、松下技研主幹
研究員(佐治研究室室長)等、また玉川大学教授、県立宮城大学教授を経て、
現在、鈴鹿短期大学学長。物理学者。理学博士。
 量子的「無」のゆらぎからの宇宙創生や初期銀河の形成理論、時間モデルの理論研究等で
広く知られるが、ゆらぎ理論の応用展開として世界初の3倍速(6時間録画)VTRヘッドを開発し、
現在のVHS時代を作る上での指導的役割を果たしたことを始めとして、”1/fゆらぎ扇風機”に
代表される家電製品の世界に宇宙の根源的性質としてのゆらぎ理論を持ちこんだというユニ
ークな業績でも世界的に知られている。
 また、光や香りのゆらぎを住環境に利用した快適空間の提案と実際のオフィスやエキスポ
会場、展示館などへの導入において主導的役割を演じ、1990年に大阪で開催された「花と
緑の国際万国博」の松下館では、アンリ・ルソ?の絵画の色調や線の空間的ゆらぎを音の
ゆらぎに変換して音楽作品をつくり、「見る絵から聴く絵」という新しい試みを展開して話題を
集めた。
 一方、科学と芸術との学際的新分野、”数理芸術学”の提唱者として国際的な活動も多く、
特に美しい絵画や音楽の中にひそむ数理に着目し、老子曰くところの「天地の理に基づき
万物の美に達する」ということを自然科学の立場から明快に示した業績は大きい。さらに、
アートセラピー(芸術療法)にも深い関心をもち、自然界に広く内在する”1/fゆらぎ”を基本
としたレラクゼイションのための音楽作品等もCD化されている。
 またNASAを中心とした地球外文明(ET)探査計画やボイジャー計画にも関わっており、ET
との対話には、我々の宇宙の基本的性質である”ゆらぎ”を利用した音楽や光を使うことを
提案したことで話題になった。

主な著書

 『からだは星からできている』 (春秋社 2007)
 『鈴鹿短大からの発信』 (2007)
 『夢みる科学』 (玉川大学出版部 2006)
 『「わかる」ことは「かわる」こと』 (養老孟司との共著 河出書房新社 2004)
 『おそらに はては あるの』 (玉川大学出版部 2003)
 『宇宙日記ー心がいやす星々のドラマ』 (1999)
 『宇宙はささやくー「真昼の星」が教えてくれること』 (1997)
 『ゆらぎの不思議ー宇宙創造の物語』 (PHP文庫 1997)
 『宇宙の不思議ー宇宙物理学からの発想』 (PHP文庫 1996)
☆宇宙の風に聴く~君たちは星のかけらだよ ~ニュースクール叢書5~
 (カタツムリ社、セルフラーニング研究所1994)
・緊張緩和・知的集中のために(POCL-2623)
・気分活性・知的集中のために(POCL-2624)
・やすらぎ・快適睡眠のために(POCL-2625)など。

 

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム