講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. ビジネス全般
  4. 九門 崇
九門 崇

九門 崇(クモン タカシ)

現 職

株式会社九門崇事務所 代表取締役社長
東京大学 特任研究員
亜細亜大学特任教授

略 歴

慶應義塾大学法学部卒
ミシガン大学公共政策大学院修士

専門分野:「次世代グローバルリーダー育成」「グローバル人材育成」「アジアビジネス(中国・インド等)」

日本貿易振興機構(ジェトロ)にて、清華大学経済管理学院で経営学などの研修を経て中国を中心にアジア新興国の経済・企業戦略等に関するリサーチに従事。

その後、独立し、アジア人としての視点を持つグローバル人材育成をテーマに研修・講演・ソーシャルプロジェクト等を実施。東京大学では主にインド・中国ビジネスのケーススタディに関連した講義を行う。

また、米国商工会議所での講演、米3大ネットワークの1つである「ABC放送」から日中ビジネスに関する取材、仏高級紙(クオリティ・ペーパー)「ル・モンド」にコメントが掲載されるなど英語での講演や海外メディアでの掲載も多数。

「アジア・ソサエティ(ジョンD.ロックフェラー氏が設立した国際的NPO)」の2011年「アジア21 ヤングリーダーズサミット」日本代表に選出。アジア30カ国、150名のリーダーとインドでのサミットに参加。

主な講演テーマ例と概要

<グローバル人材・グローバルキャリア>
 
【次世代グローバルリーダー育成】
次世代のグローバルリーダーに求められることはなにか?
若手社員を中心に、自分の才能やダイバーシティを活用して問題解決に取り組むマインドと、グローバルリーダーの心得を解説します。
 
【アジアで働く一歩の踏み出し方 ~グローバルキャリアに向けて~】
  (対象:一般社員)
なぜ今、アジアなのか。独自の視点から見たアジアを薦める理由、アジアで働くための一歩の踏み出し方を、アジアや米国などグローバルな環境で仕事や留学をしてきた豊富な経験やアジアで働く人のケーススタディを交えて紹介します。
 
【グローバル人材に必要な5つのマインドセット】
  (対象:管理職・一般社員)
グローバル人材にはどういうことが求められるのでしょう?グローバルに働くために必要なマインドセットやスキルをグローバルな環境やアジアで働いている人や進出企業等の豊富な事例を交えて解説します。
<アジアビジネス>
 
【アジアの時代 ~アジアのビジネスチャンスを活かす~】
今最も熱いビジネスの舞台であるアジア事情、進出先としてのアジア各国比較、日本企業のグローバル化への対応とアジアビジネスなどを企業事例などを含めて解説します。
 
【中国ビジネス成功のための3つのポイント】
中国でのビジネスを考えるにあたって必要なポイントを、豊富な企業事例を通じてお伝えします。「面子」「関係」など日本人にとってわかりにくい中国人の考え方や行動様式についても実例を挙げて解説します。

 

主な研修テーマ例と概要

 【グローバルマインド研修】
  [期間]  2時間、半日、1日
  [目的]
   ・グローバル化の基本的な現状を理解する
   ・グローバル化の現状、日本企業が置かれている現状への理解を深める
   ・個人にとってのグローバル化の影響を理解し、当事者意識を醸成
   ・グローバル人材として働くためのマインドセットやスキルを身につける
  [対象] 管理職、一般社員
  [特徴]
   講座内容理解の促進を目的とした問題やワーク、対話などを多く取り入れることで、
   参加者間での意見の共有や意見の違いを「体感」しながら学ぶ
 
 a.基礎編(1日)
  [目的]
  グローバル化の現状把握・分析およびその考察・ワークによる意識変革
      ・グローバル化とは?
      ・日本国内でも進むグローバル化ヘの対応
      ・グローバルマインドを持つために
      ・ワーク
 
 b.キャリア実践編(1日)
  [目的]
  グローバル人材力をつけるために学ぶべきビジネススキルとマインドセットの構築
      ・グローバル人材とは何か?
      ・必要なスキルとは?
      ・コミュニケーションの基本
      ・ワーク
      ・必要なマインドセットとは?
 
 c.リーダー編
  [目的]
  日本企業のグローバル展開が進む中、グローバルに優秀な人材をモチベートし、
  ダイバーシティを活用してマネジメントする重要性が高まっています。
  こうした企業を取り巻く環境やグローバルリーダーに求められる3カ条について、
  アジアなど新興国の事例やワークを交えながら体感して学びます。
     1.グローバルリーダーとは?
      (1)グローバルリーダーシップは自分事
      (2)グローバルリーダーとダイバーシティ

   2.グローバルリーダーに必要な3カ条
    (1)「自分がかけているレンズを知る」
    (2)「自分のレンズを外して他者を理解する」
    (3)「ダイバーシティを活用してリードする」
    ワーク:グローバルリーダーシップの基本となる姿勢を理解する

   ※期間・人数・目的などによってカスタマイズさせていただきます。
    英語での実施も可能です。お気軽にご相談ください。

主な実績

【講演・研修実績】
・大手日本企業(機械・事務機・商社・人材・物流企業・通信など幅広い業種)
・テレビ局、出版社、官公庁
・団体(ジェトロ、九州経済産業局、企業研究会、日中経済貿易センターなど)
・米国商工会議所(ACCJ)、アジア生産性機構
・大学(東京大学、早稲田大学ビジネススクール、慶應義塾大学SFC、
 中央大学ビジネススクール、多摩大学大学院など)
ほか、実績多数あり。

【テレビ出演】
・NHKテレビ衛星第1放送「ニュースウォッチ」
・NHKテレビ衛星第1放送「ニューストゥデイ30ミニッツ」
・NHKテレビ衛星第1放送「ニューストゥデイアジア」
・中国・中央電視台「CNTV English News」
 「日中関係の現状と経済を経済・ビジネスから語る」

【新聞・雑誌】
・『週刊東洋経済』2012年9月15日号『アジアで失敗しない「人の活用法」』
・「戦略経営者」2011年12月号「中国人社員を採用し、戦力化する」取材
・「広報会議」 2010年12月号「注力すべきはブランド管理とリスクマネジメント」
・『月刊グローバル経営』2010年7/8月号
 「“中国の頭脳”を求める時代―日本企業の留学生活用」
・『日経ビジネス』2010年6月7日
・『Think!』2009年冬号
 「中国ビジネスで成功するための本音コミュニケーションの極意」(共著)
・『週刊東洋経済』2008年5月3日~10日号「中国特集号」
・『毎日新聞』2008年7月28日「新興国展開、中国で試練」

【連載コラム】
・「日本経済新聞電子版」連載「グローバル人材・育成塾」
 (2011年11月~2012年4月)~アジアにおける人材マネジメントを考える~ 
・「日経BPnet」連載「中国から探るグローバルビジネス」
・「JETRO」連載「中国ビジネス3.0の時代」(2010年9月~2012年2月)

 

主な著書

 『アジアで働く-自分を活かす・キャリアが広がる』 
              (英治出版 2012年 単著)
11年間のアジアと日本を結ぶ活動と、現地で活躍する日本人の声から考えた国境を越えるワークスタイルと新しいリーダーシップのかたち。アジアで働くために必要なマインドセットや商慣習などのスキルも解説。NHK総合「ニュースウォッチ9」”セカ就(世界で就職する)”特集にて紹介される。(2012年10月24日)
 『中国ビジネスのリスクマネジメント』 (ジェトロ 2006/8 共著)
 『中国進出企業の人材活用と人事戦略』 (ジェトロ 2006/4 共著)
 『中国のトップカンパニー』井上隆一郎編 (ジェトロ 2006/4 共著)
 『東アジア国際分業の拡大と日本』大木 博巳編
              (ジェトロ 2008/11 共著)
 『グローバリゼーションと日本経済』青木健・馬田啓一編
                    (文眞堂 2010/4 共著)
 『グローバル金融危機と世界経済の新秩序』青木健・馬田啓一編 
                      (日本評論社 2010/11 共著)

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム