講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. ビジネス全般
  4. 辰巳 渚
辰巳 渚

辰巳 渚(タツミ ナギサ)

現 職

生活哲学学会代表理事
生活哲学家
消費行動研究家 

経 歴

1965年 福井県生まれ
1984年 東京都立立川高等学校 卒業
1988年 お茶の水女子大学 文教育学部 地理学科 卒業
1988年 株式会社パルコ入社 マーケティング雑誌『月刊アクロス』記者、編集者
1990年 株式会社筑摩書房にて、書籍編集
1993年 フリーのマーケティングプランナー、ライターとして独立
2000年 著書『「捨てる!」技術』(宝島社新書)が100万部のベストセラーに
以降、文筆をメインの仕事に発言をつづけている。
2008年 家事塾設立、代表。
2016年 生活哲学学会設立、代表理事。

「家のコトは生きるコト」の理念のもと、家事について学ぶ各種講座の開催、家事セラピー、
暮らしの専門家である「家事セラピスト養成」など、さまざまな活動を展開している。

現在、講座やセミナー、講演を通じて、成熟時代の「物と心」の関係を見直し、
個々人が豊かに暮らすために役立つ情報発信・コンサルティングに取り組んでいる。

「生活哲学とは」 ※生活哲学学会趣意書より抜粋。
現代日本は、戦後の荒廃のなかから立ち上がり、科学の進歩と国民の努力によって経済的・物的豊かさは飛躍的に伸びました。経済的・物的豊かさは20世紀終盤にピークを迎え、21世紀はさらなる豊かさを実現していく時代となると考えられていました。しかし現在、少子高齢化や財政悪化による国家予算の膨張という閉塞的情況や、壮年者の自殺増加や若者のニート化、女性や子どもの貧困などの様々な社会課題が起き、社会の機能不全が明らかになってきています。
このような社会に生きる個々人には、自らの人生の独自性を尊重しつつ日常の生活を構築でき、他者の生活や地域社会の課題に対して当事者意識をもって解決へのアプローチができる力が求められています。しかし、近代における社会・教育システムでは日常生活を中心に据えた考え方から個人のライフスタイルを捉える実践実学を構築してきませんでした。地域コミュニティや家庭においても、日常生活に関する教育力は失われています。
私たちは、個々人が自分らしい生き方を実現していくための基本となる概念や、日常の生活を健康で幸福に営むための知恵や技術を、ともに学び合い深め合い実践していくための場を作ることが必要だと考えました。その場を介することで、先人の智恵や同時代に生きる人びとの人生経験に学びながら、生き延びるための実践実学を作りあげ必要とする人や次世代に伝えていけるでしょう。
この実践実学を「生活哲学」と名づけ、その活動の場である「生活哲学学会」を設立いたします。

現在の関心事

 <消費資本主義社会における人々の消費>
 生産の論理、経済の論理を超えた消費の論理、すなわち「買い手論理」を考えています。
 <物質的豊かさのうえに築かれる暮らし>
 近代化の果てに完成した、あらかじめ満たされた社会において、どのような暮らしが人びとを幸せにするのかを模索しています。物との付き合い方が、ひとつの突破口です。
 <新しい暮らしのルール>
 戦後に失われた生活の行動規範は、これからどうあるといいのか、どう過去と未来をつないでいけばいいのか、を考えています。
 <日本の暮らしにおける最大の問題点である「家」>
 家、それに付随して土地で満たされないことが、この国の人びとの価値観、行動原理をいまだに規定していると捉えている。

主な講演テーマ例

【ビジネスに活かす「捨てる技術」】
【捨てる技術】
【選ぶ技術】
【捨てる文化】
【“捨てる技術”から“暮らす技術”へ】
【豊かに暮らす技術】
【豊かな時代のものの買い方】
【豊かに楽しく生きる生活哲学】
【家のことは生きること】
【家事が好きになるヒント】
【消費者が変わる・消費者が変えるこれからの消費社会】 

代表的な著書

 『「捨てる!」技術』 宝島社新書
 『母の作法』 (単行本)岩崎書店
 『家を出る日のために』 理論社
 『大人の太鼓判~これができれば一人前』 岩崎書店
 『家はこんなに変えられる 快適な住まいをつくるコツ』 (文庫)理論社
 『子どもを伸ばす手仕事・力仕事 手と身体を使えば使うほど、頭がよくなる』 岩崎書店
 『子どもを伸ばすお手伝い 家事ができる子はなんでも気づきなんでもできる』 岩崎書店
 『いごこちのいい家に住む!』 大和書房
 『日本人の新作法』 幻冬舎
 『子どもを伸ばす 毎日のルール』 岩崎書店
 『断る!作法』 宝島社
 『辰巳渚の「捨てる!」生活』 高橋書店
 『辰巳渚の新・収納スタイル』 高橋書店
 『なぜ安アパートに住んでポルシェに乗るのか』 光文社ペーパーバックス
 『子どもを伸ばすお片づけ』 岩崎書店
 『~生活設計をガラリと変える~フロー型発想のススメ』 ジャパンタイムズ
 『「選ぶ!」技術』 主婦と生活社
 『サラリーマンの「生きる!」技術』 廣済堂出版
 『消費の正解~ブランド好きの人がなぜ100円ショップでも買うのか~』 共著/光文社
 『「暮らす!」技術』 宝島社新書
 『もう一度「捨てる!」技術~「メンテナンス!」の方法』 宝島社新書
 『常識を捨てると世の中が変わる』 東京新聞出版局
 『チャートで見る 日本の流行年史』 PARCO出版 

主な近著

 『物の捨て方 のこし方』PHP研究所
 『わたしがおとなになったら(自立のすすめ マイルール)』 毎日新聞社
 『母の作法』 (文庫)PHP研究所
 『家づくりに「家事セラピー」を(家事塾BOOKS VOL.2)』 言視舎
 『「片づけなくてもいい!」技術』 宝島社新書
 『家事セラピスト、はじめました(家事塾BOOKS Vol.1)』 彩流社
 『こういうとき、どうするんだっけ(自立のすすめ マイルール)』 毎日新聞社
 『気づいたときにささっと!ほどほど掃除のしかた(小学館実用シリーズLADY BIRD)』 小学館
 『親子で楽しむこどもお手伝い塾(寺子屋シリーズ)』 (大型本)明治書院
 『辰巳渚の頭のいい子が育つ「お手伝いの習慣」』 主婦の友社
 『子どもを伸ばす自立のための家庭のしつけ』 岩崎書店
 『マイルール 自立のすすめ』 毎日新聞社
 『ワークライフバランス 今日から変われる入門講座』 朝日新聞出版
 『父の作法 妻が望む10のこと』 岩崎書店

ほか、著書多数あり。
 

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム