講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. ビジネス全般
  4. 渡部 昇一
渡部 昇一

渡部 昇一(ワタナベ ショウイチ)

現 職

上智大学名誉教授
イギリス国学協会会長、日本ビブリオフィル協会会長
日本・インド親善協会理事長 日本財団理事
グレイトブリテン・ササカワ財団理事、野間教育財団理事、エンジェル財団理事
日本ウェルエージング協会理事、日本科学協会理事

経 歴

1930年 山形県鶴岡市に生まれる
1949年 山形県立鶴岡第一高等学校卒業
1953年 上智大学文学部英文科卒業
1955年 上智大学大学院西洋文化研究科修士課程卒業
1955年 上智大学大学院西洋文化研究科助手任命
1955年 ドイツ・ミュンスター大学留学
1958年 ドイツ・ミュンスター大学よりDr.Phil(哲学博士号)を受ける。
      更にDr.Phil.h.c. (名誉哲学(文学)博士号)を授与。
      イギリス・オックスフォード大学ジーザス・カレッジ寄託研究生となる。
1960年 上智大学文学部英文科講師、助教授を経て教授となる。
      その間、英文学科長、大学院研究主を二期務める。
      また、Fulbright-Hayes法によるVAPP教授としてNewJersey、NorthCarolina、
      Missouri、Michigan各州の6大学において半学期ずつ1年間講義(1968-1969)
2001年 上智大学名誉教授となる。

【学会役職、政府委員等】
日本英文学会理事、評議委員(8期)国語審査委員、大蔵省税制調査会特別委員、
臨時教育審議会専門委員(大学・専門学校)、通産省産業構造審議委員会臨時委員 等

主な講演テーマ例

【日本人の成功法則】
【歴史に学ぶ日本人の誇りと心】
【人間の知力について】
【本人の体質と近未来への展望】
【怪しげな時代を迎えて】
【パラダイムの崩れるとき】
【指導力の研究】
【日本の教育問題について】
【参謀とリーダー】
【世紀末の回顧と展望】
【サッチャリズムの勝利】
【日本のマスコミについて】
【日はまだ昇る】
【かくて歴史は始る】
【日本の繁栄は揺るがない】
【問われる世界に於ける日本の役割】
【国際社会と日本-21世紀の日本を考える】
【内外経済の展望】
【これからの経営戦略-日本的経営とリーダーシップ】
【どうなるこれからの日本】
【21世紀日本の栄える王国】
【日本を学ぶ~日本人の自信と誇りを取り戻すために】
【かくて皇統に憂いなし】
【歴史に学ぶ、未来を拓く】

主な実績

三井住友海上きらめき生命保険株式会社、富士ツバメ株式会社、
米国財団法人CMF国際財団、東京コカ・コーラボトリング株式会社、
社団法人甲府青年会議所、社団法人アパレル産業協会、他多数。 (敬称略)

受 賞

◎第24回日本エッセイストクラブ賞(1976年)『腐敗の時代』
◎第1回正論大賞(1985年)
◎ ドイツ・ミュンスター大学名誉哲学博士を授与される。
   (「卓越せる学問的貢献の故に」) (1994年)

主な著書

英語学、言語学に関する論文のほか、著書多数。
   『日本人の成功法則』 渡部昇一・神田昌則(フォレスト出版)
   『「名将言行録」を読む』 (致知出版社)
   『日本通 お国自慢‐13の視点』 渡部昇一・屋山太郎・服部幸應・古田島洋介共著(扶桑社)
   『悩む人ほど、大きく伸びる-「自分」の証明』 (イースト・プレス)
   『知的余生の方法』 (新潮新書)
   『「日本の歴史」(2)中世篇‐日本人のなかの武士と天皇』 (WAC)
   『「日本の歴史」(第3巻)戦国篇‐戦乱と文化の興隆』 (WAC)
   『歴史を知らない政治家が国を亡ぼす』 (致知出版社)
   『読書こそが人生をひらく‐「少」にして学び、「壮」にして学ぶ』 
                渡部昇一・中山理共著(モラロジー研究所)
   『絶対「ボケない脳」を作る7つの実験』 渡部昇一・加藤俊徳共著(李白社)
   『健康と長寿の極意(ごくい)』 渡部昇一・石原結實共著(李白社)
   『「日本の歴史」(第4巻)江戸篇‐世界一の都市 江戸の繁栄』 (WAC)
   『「日本の歴史」(第5巻)明治篇‐世界史に躍り出た日本』 (WAC)
   『歴史に学ぶリーダーの研究』 (致知出版社)
   『「日本の歴史」(第6巻)昭和篇‐昭和の大戦への道』 (WAC)
   『日本、そして日本人の「夢」と矜持(ほこり)』 (イースト・プレス)
   『裸の総理たち32人の正体』 (フォレスト出版)
   『語源力 英語の語源でわかる人間の思想の歴史』 (海竜社)
   『日本人ならこう考える』 渡部昇一・養老孟司共著(PHP研究所)
   『日本は「侵略国家」ではない!』 渡部昇一・田母神俊雄共著(海竜社)
   『強い日本への発想―時事の見方を鍛えると未来が見える』 
               渡部昇一・日下公人・竹村健一共著(致知出版社)
   『老子の読み方』 渡部昇一・谷沢永一共著(PHP研究所)
   『日本史百人一首』 (扶桑社)
   『ローマの名言一日一言―古の英知に心を磨く』 (致知出版社)
   『「パル判決書」の真実』 (PHP研究所)
   『上に立つ者の心得―「貞観政要」に学ぶ』 渡部昇一・谷沢永一(致知出版社)
   『日本を弑(しい)する人々』 稲田知美・八木秀次・渡部昇一(PHP研究所)
   『国、死に給うことなかれ』 (徳間書店)
   『発想法』 (PHP研究所)
   『自分の品格』 (三笠書房)
   『父の哲学』 (幻冬舎)
   『四書五経一日一言』 (致知出版社)
   『知っておくべき日本人の底力』 (海竜社)
   『楽しい読書生活』 (ビジネス社)
   『自由をいかに守るか ハイエクを読み直す』 (PHP研究所)
   『時流を読む眼力』 (致知出版社)
   『渡部昇一の中世史入門 頼山陽「日本楽府」を読む』 (PHP研究所)
  ■ 『ラディカルな日本国家論』 (徳間書店)
   『国民の教育』 (扶桑社)
   『紫禁城の黄昏―完訳』上巻 R.F.ジョンストン著(祥伝社)
   『紫禁城の黄昏―完訳』下巻 R.F.ジョンストン著(祥伝社)
   『学ぶためのヒント』 (新学社)
  ■ 『渡部昇一の昭和史』 (ワック)
   『運命を高めて生きる―新渡戸稲造の名著「修養」に学ぶ』 (致知出版社)
  ■ 『日本を貶める人々』 (PHP研究所)
   『年表を読む 明解!日本近現代史』 (海竜社)
  ■ 『拝啓 韓国・中国・ロシア・アメリカ合衆国殿』 渡部昇一・谷沢永一共著(光文社)
  ■ 『ヒルティに学ぶ心術』 (致知出版社)
   『英文法を撫でる』 (PHP新書)
  ■ 『かくて歴史は始まる』 (三笠書房)
   『イギリス国学史』 (研究社)
  ■ 『日本史から見た日本人』 (三笠書房)
  ■ 『秘術としての文法』 (学術文庫)
   『知的生活の方法』 (現代新書)
  ■ 『英語学史』 (大修館)
  ■ 『腐敗の時代』 (文藝春秋)

編 集

 『人生、報われる生き方―幸田露伴『努力論』を読む』
   
 『得する生き方損する生き方―幸田露伴「修省論」を読む』

     ※編集他、訳書も多数。

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム