講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. ビジネス全般
  4. 神渡 良平
神渡 良平

神渡 良平(カミワタリ リョウヘイ)

現 職

作家

経 歴

昭和23年鹿児島県生まれ。
九州大学医学部中退後、新聞記者、雑誌記者を経て独立。
38歳の時、脳梗塞で倒れ一時は右半身不随に陥ったが、必死のリハビリで再起。
闘病生活の中で、 人生はたった一回しかないこと、またどんな人にもなすべき使命があって
この地上に送られていることを痛感する。
そしてかけがえのない人生を取りこぼさないためには、自分の経験の範囲内で考えることではなく、
先人たちが掴んだ人生の知恵を活用すべきことに気づく。
こうして闘病中に起草した「安岡正篤の世界」がベストセラーに。
以後、次々にベストセラーをうみ出し、講演や執筆に、と多忙な日々を送っている。

日本文藝家協会会員

 

主な著書

『敗れざる者 ダスキン創業者鈴木清一の不屈の精神』 (PHP研究所)
『孤独になる前に読んでおきたい10の物語』 (講談社)
『一隅を照らす人生』 (PHP研究所)
『下坐に生きる』 (致知出版社)
『安岡正篤 立命への道』 (致知出版社)
『安岡正篤の風韻-喜神を含む生き方』 (同文館)
『天翔ける日本武尊 上』 (致知出版社)
『天翔ける日本武尊 下』 (致知出版社)
『静寂の時間がいのちの根を養う』 (致知出版社)
『一粒の麦 丸山敏雄の世界』 (致知出版社)
『佐藤一斎「言志四録」を読む』 (致知出版社)
『一隅を照らす人びと 人間この輝かしきもの』 (致知出版社)
『講演録「思考が人生を創る-人生の主人公になるために」』 (ざ・ぼんじわーく)
『詩と瞑想「いと高き者の子守唄」』
『安岡正篤 珠玉の言葉』 (講談社+α文庫)
『宰相の指導者 哲人安岡正篤の世界』 (講談社+α文庫)
『安岡正篤 人生を拓く』 (講談社+α新書)
『「人生二度なし」森信三の世界』 (佼成出版社)
『人は何によって輝くのか』 (PHP研究所)
『マザー・テレサへの旅路』 (サンマーク出版)
『宇宙の響き―中村天風の世界』 (致知出版社)
『安岡正篤人間学』 (同文館刊)
『人生の師父 安岡正篤』 (致知出版社)
『安岡正篤の世界―先賢の風を慕う』 (同文館)
『西郷隆盛人間学―道をひらく言葉』 (致知出版社)
『星降るカミーノ~魂の旅路』 (PHP研究所)※絶版
『私を変えたあの言葉』 (日経BP社)※絶版
『主題のある人生』 (PHP研究所)※絶版
『地湧の菩薩たち』 (致知出版社)
『中村天風「幸せを呼び込む」思考』 (講談社+α新書)
『中村天風の言葉』 (致知出版社刊)
『春風を斬る・小説山岡鉄舟』 (PHP研究所刊)
『生き方のヒント』 (大和出版刊)
他、著書多数あり。

 

ご講演にご参加された方々の感想

・涙して聞きました。つらい時期があったからこそ、新たなものが備わる。
 乗り越えたいときに本当の幸せがある。感動しました。

・現在津波もあり、不安だらけですが自分で出来ることを一つずつ前向きに頑張ろうと思います。

・『天から見たら、良さも悪さもわかった上でお前を選んでるのだから、お前の想像を超えるところで世界が広がっているんだ』名言ですね。良かったです。

・正に今の私の応援歌に思えました。努力の足りなさを実感、再認識させられました。人のためになればと行動してきた自分、まだまだだと痛感しました。とても良かったです。

・普段なんでもないような事に気づきが出てくる。人間のバランス「静寂の時間が命の根を養う」「人生は1回しかない」「天に棄物なし」とてもいい話を聞かせていただきました。

・先生の優しい人柄が表情や語りにあふれていて、とても温かい気持ちになれる講演でした。困難を乗り越えた姿が人々を勇気付ける、天に棄物なし等、素晴らしい話に感動しました。

・38歳の時に脳梗塞で倒れ、一時は半身不随となったが、リハビリで再起し、一生一回しかなし「天に棄物なし」を痛感する。苦しい時があると、欠けているものがあると、それを補って新しい物が育つようになる。皆によりささえられ人生がある。温かさを感じ、皆に感謝することを感じました。

・日頃自分はなんと小さなことで落ち込んだり悩んだりしているのか恥ずかしく思いました。「この花を描かせてもらう」そんな気持ちで日々優しさを持ち、お客様、家族と皆で接してゆきたい。

・あきらめない人生、無理しない人生、とても感動しました。ニックのなんにでもチャレンジする姿は、とても生きる勇気を頂きました。

・感動しました。知らず知らずのうちに涙がこぼれていました。しかし、よくごここまで回復されたなぁとすごい努力をされてきたんだなぁと心服いたしました。

・素晴らしいお話でした。たくさんのメモとらせて頂きました。前向きに物事をとらえる。
 私はミッションスクール育ちで、「いつも神様は見ていらっしゃる」と考え、何かとんでもないこと
 が起きたら「これは神様が与えた試練、乗り越えられない試練を神は与えない」と考えますが
 それと同じことと思いました。

・苦しいことがつきものの、生きるということなんですが、それは新しい自分に出会うこということでもあるならば、これからの人生は前向きに生きていけるという希望を持つことができます。

・感動の一言です。・脳梗塞の怖さは実感しております。大変素晴らしいプレゼントを頂きました。

・素晴らしかったです。ありがとうございました。感謝の気持と使命感をもって今後の仕事を
 していきたいと思います。

・とてもステキなお話でした。マイナス面を気づかせられ、それをプラスにつなげていく。
 感情の豊かさ、精神面がスバラシーと思いました。

・人生はたった一回しかない、誰もがなすべき使命があって生まれてきている、今健康で働けることに感謝したいです。

・今の状況を受け入れ、その状況の中で何が出来るか考え前向きに生きていく力、失敗を何度しても挑戦する、できるまで挑戦する力、手足が無くても人を感動させることができる力、自分にも出来るんだと思いました。

・色々な方のお話を伺い、何事も自分の考え方次第とまた改めて思い出させてもらいました。

・いい話でした。勇気をもらいました。特級格上げを本気で取り組まねばと与えられたことに使命感を持つことができました。

・感動で涙が止まらない状態でした。心がすごく落ち着いたような気分で話を聞かせていただきました。私も皆さんに仕事を通して喜んで頂ける様に心がけていきたいと。

・物事の考え方、生き方、本当に素晴らしいお話でした。最後の“神のおもんばかり”この詩は私も大好きでよく読みます。得意先の医院に額で入っていて写真に撮ってきています。もう一度神渡先生のお話を聴きたいと思いました。

・どのお話も素晴らしい内容で、朝から大きな感動を受けて心が震えて精神洗われます。

・ ご本人の半身不随の後リハビリで再起されたこと、また、ビデオでのニックさん、人間てすごいなぁと思いました。今の状況を受け入れて生きていく星野さん、忘れる事はいい事(右足が無い)残された左足でがんばればいい新井会長の話、上り坂、下り坂、もうひとつ“まさか”という坂がある。自分自身がまさかという坂に会わないように、今後も元気で仕事を続けられたらと思っています。

・人間深く、人間らしく…涙が流れました。感化されました。

・素晴らしいお話に涙、なみだの感動でした。「無」にしていただきました。

・本当にすばらしいお話でした。涙が出て、心の底より感動しました。ありがとうございました。もっとお話聞きたいです。自分が親となった時に親の偉大さを知り、子供の成長と共に悩んだ時は自分の母もそうだったのか…と思い、母の心の広さを知り、いつまでも母は超えられない存在です。また、五体満足な自分にできることをもっともっとしていこうと思いました。

・この世に人として生まれた意味、自然を受け入れる森羅万象の中に生きる、そして人は優しさによって救われ、生きられる。今後の人生に、今日は一隅を照らされた、そんな神渡先生でした。

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム