講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. スポーツ
  4. 奥寺 康彦
奥寺 康彦

奥寺 康彦(オクデラ ヤスヒコ)

現 職

サッカー解説者
横浜FC会長兼スポーツダイレクター
<資格>
財団法人日本サッカー協会公認 S級コーチライセンス

略 歴

1952年3月12日 秋田県出身
相模工大附属高(現・湘南工科大付属高校)卒業
1997年 旧西ドイツの名門チーム「1FCケルン」から日本人初のプロサッカー選手としてデビュー。日本で初めての「世界に通用するプロサッカー選手」が誕生した。帰国するまでの9年間、ブンデスリーガ(西ドイツ1部リーグ)で通算235試合に出場し、25得点をあげている。
1986年 帰国して、古河電工とプロ契約、日本国内最初のプロサッカー選手となる。
現役を引退後、東日本古河サッカークラブ(ジェフユナイテッド市原)のゼネラルマネージャーに就任。
同チームのスーパーバイザー、監督を経て、サッカー解説者として活躍するかたわら、2002年ワールドカップ・横浜開催準備委員などを務める。
1999年 横浜FC設立当初よりゼネラルマネージャー
2000年 横浜FC代表取締役ゼネラルマネージャー就任
現在 横浜FC会長兼スポーツダイレクター

主な実績・データ

DATA
日本代表通算出場回数 33試合(A代表・FIFA公認国際試合)
日本リーグ通算出場回数 143試合(1970〜77年、1986〜88年)
日本リーグ通算得点 39得点 ・日本リーグ通算アシスト20アシスト
ブンデスリーガ通算出場回数 235試合 ・ブンデスリーガ通算得点 25得点
ブルデスリーガ
1977  1FCケルン入り
1980〜81 シーズンの後半2部のヘルタ・ベルリンへ移籍
1981  ヴェルダー・ブレーメンへ移籍
ブンデスリーガでは9年間在籍。
63試合連続出場記録を樹立するなど通算235試合出場し25得点挙げた。

主な講演テーマ例

チームワークと自己への挑戦
私のサッカー人生

主なメディア出演・掲載実績

WOWOW EURO 2004 解説者
WOWOW スペイン リーガエスパニョーラ 解説者
J.SPORTS ドイツ ブンデスリーガ 解説者
日本テレビ 2002 FIFA World Cup 解説者
Sky Perfec TV! 2002 FIFA World Cup 解説者
東京新聞 サッカー解説
夕刊フジ サッカー解説
<サッカー指導プロジェクト>
奥寺スポーツアカデミー 他

主な著書

オンデマンド(ペーパーバック):70ページ 『我が道』
(スポーツニッポン新聞社)  ※Kindle版はこちら
<内容紹介>
Jリーグが誕生した1990年代以降、日本出身のサッカー選手が本格的に海外プロリーグに飛び出していくようになりました。三浦知良、中田英寿、中村俊輔、本田圭佑…今も日本代表で主力を担うスターたちが、欧州を中心とした各国リーグで戦っています。だがそんな現代から遡ること40年以上前、70年代に当時の世界最高峰といわれていた西ドイツ・ブンデスリーガで「東洋のコンピューター」と称賛されたパイオニアがいました。スポーツニッポン紙上での自伝連載を書籍化した「我が道」シリーズ、今回は奥寺康彦氏が登場します。  奥寺氏は1952年(昭27)、秋田県生まれ。古河電工でFWやMFとして活躍し、18歳で日本代表に選出されます。運命が大きく変わったのは77年。2カ月間におよぶ西ドイツ遠征でケルンのバイスバスラー監督に才能を見出され、初の日本人プロ選手の道が開かれました。その後ベルリン、ブレーメンと計3チームで9シーズンを戦い抜き、日本サッカー界に傑出した足跡をのこしました。  抜きんでたサッカーの実力と謙虚な人柄。奥寺氏が出会う人々から次々とチャンスを引き寄せたのは、そのパーソナリティあったからこそです。豊富なエピソードに彩られた開拓者の物語は、40年後の今だからこそ輝きを増しています。
『オーバーラップ これは運命だったのかもしれない』
(宝島社)
<「BOOK」データベースより>
横浜FCをJ1へ導いた8年間の軌跡と激動の半生。
『驚くほど使える 世界のサッカー足技・トレーニング』 (成美堂出版)
『ワールドカップスカウティングレポート』 (ザ・マサダ)
『楽しいサッカー』 (小峰書店)
『サッカーワールドカップ大百科 』 (勁文社)
『中高生のためのサッカー上達セミナー』 (ベースボールマガジン社)

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム