講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. ビジネス全般
  4. 伊藤 誠一郎
伊藤 誠一郎

伊藤 誠一郎(イトウ セイイチロウ)

現 職

伝え方改善アドバイザー
商談・プレゼンテーションコンサルタント
株式会社ナレッジステーション代表取締役

経 歴

1996年 学習院大学法学部法学科卒業
1996年 医療業界において病院情報システムの仕事に従事
2002年 電子カルテ開発会社での提案営業、プロジェクト運営において本格的にプレゼンテーションに取り組む。
2005年 医療情報システム会社において34歳で営業部長、企画室長、システム部部長代理を歴任。
2007年 医療コンサルティング会社に転身し、ソリューション事業部部長、医療システム調査役に就任。
2009年 年間100回を超えるプレゼンテーション実績、営業経験、部長としてのマネジメント経験を生かし、講師として独立。プレゼンテーションなどの講師としてセミナー、研修、講演活動を開始。
2011年 株式会社ナレッジステーションを設立し、プレゼン個別指導塾の運営を開始
2013年 AO入試専門の個別指導「伊藤塾」を新たに立ち上げ、高校生への論文作成やプレゼンの指導を開始。
現在は、プレゼンに必要なスキルと自身の経歴を生かし、伝え方改善によりチームやコミュニケーションの改善アドバイス、営業パーソンの商談コンサルタントとしても活躍中。

専 門

リーダーシップ/チームワーク/商談/提案営業/プレゼンテーション
伝え方を変えることで、チームワークや営業力のアップを実現する伝え方改善のプロフェッショナル。
難解な専門用語や複雑になりがちなシステムを扱う医療業界で、営業として商談と年間100回を超えるプレゼンテーションを行った実績から、わかりやすいだけではなく、相手の心を動かす<伝え方メソッド〉を開発。そのメソッドを軸に営業と営業部長をはじめとした数々の部署の部長を歴任し、多くの部下を育ててきた豊富な経験をもとに、具体的な事例を交えながらの講演は、現場で実践しやすいと評判。
営業社員の表彰式や社内コミュニケーション改善など幅広い目的の講演会に登壇するなど活躍中。
また伝え方とともに営業に伴う商談、プレゼンテーションのコンサルティングも実施するなど、講演以外にも活躍の場を広げている。

主な講演テーマ例と概要

今日から実践!「チームが変わる伝え方 5つのヒント」
仕事の進め方も指示の内容も間違っていないのになぜか部下がうまく動いてくれない、指示の内容を部下がなかなか理解してくれない。これは、多くのリーダーが抱える悩みです。こうした悩みはリーダーシップの問題と一括りにされてしまいがちですが、実は気づかないだけでちょっとした伝え方で簡単に改善できるケースがたくさんあります。本テーマでは、チームマネジメント成功の重要なカギである「いかにチームメンバーに自発的に動いてもらうか」という課題を企業で部長職を歴任し、現場でチームを率いてきた経験から〈伝え方〉を変えることで解決するヒントをお伝えします。
部下を持つリーダーの方にぜひ聞いていただきたい内容です。
商談力がUPする!選ばれる営業の「本当に相手の納得を引き出す伝え方」
トップ営業パーソンは、商品や提案内容以上に、相手との信頼関係や信用を勝ち取っています。なぜなら、「売って終わり」とは思っていないからです。お客様との関係作りがリピートや今後の紹介を生み、営業成績を支えてくれることをわかっているからです。だからこそ、トップの営業パーソンは、相手の心を掴む術を知っています。商談で無機質な提案内容をいかに相手の心を動かすような伝え方をするか、また商談を通じて自分や会社への信頼深めてもらえるか。営業部長、ソリューション事業部長としての経験をもとに具体的な事例も交えながら、多くのトップ営業マン指導してきた商談に活きる伝え方の極意をお話しします。保険、住宅、車などお客様と対面で商談をする機会の多い営業パーソンにお薦めの内容です。
〔講演でお伝えする商談力UPのポイント〕
1. 聴き手を納得させるプレゼンの公式
2. 話が簡潔になるキーワードの効果
3. 聴き手の想定を超えるサプライズを作る
4. 言葉にならないメッセージが人を動かす
5. 無理に締めないクロージング方法
ほんの少し変えるだけでうまくいく「相手を動かす伝え方」
人間関係がうまくいかないとき、多くの場合はコミュニケーションが問題です。コミュニケーションの大部分は、相手に自分の意図とは異なる伝わり方をしたためにおこる気持ちと理解の行き違いです。この行き違いは、ほんの少し伝え方を変えるだけで驚くほど解消することができます。相手の意図や気持ちを汲み、心を掴むスキルを必要とする営業経験や部長としての部下経験、更にはプロジェクトマネジメント等で年間100回を超えるプレゼンテーションを行ってきた実績から、相手に伝わるだけではなく、相手に自分の意図通りに動いてもらえるための伝え方のコツをお話しします。

主な研修テーマ例と概要

競合に打ち勝つ!提案プレゼンテーション研修
新規での販路開拓や既存取引先への新たな提案など、プレゼンテーションの場では競合に打ち勝つべく自社の優位性をいかに簡潔且つ具体的に分かりやすく伝えられるかが勝負の分かれ目となります。今や会社の規模や実績、技術力や品質は横並びの状態です。そうした状況の中では、効果的な勝ちポイントを導き出し、伝え方で競合に差をつけるのが有効な方策と言えます。「何を伝えるか」と「どのように伝えるか」を上手く組み合わせることによって、提案プレゼンテーションの勝率は確実に引き上げることができます。詳しい講義とワークショップを組み合わせたカリキュラムで顧客の理解と信頼を勝ち取るためのストーリー設計、スライド資料の作り方、スピーチの秘訣の習得を目指します。
1.論理的なプレゼンストーリー設計
原因の追求 :どうして話が上手く伝わらないのか?
簡潔さの定義 :分かりやすい話と分かりづらい話は何が違うのか?
論理性の定義 :論理的なプレゼンテーションとは何か?
一方通行の回避 :どうすれば聴き手と目線が合うのか?
2.効果的なスライド資料の作成方法
枚数、構成の公式:発表時間に対して何枚が適切なのか?
効果的な見せ方 :A4 1枚をどのように図解で表現するか?
デザインの秘訣 :フォント、図形、色、線、効果の設定方法
禁止事項の確認 :やってはいけない!パワーポイントNG集
3.実践ワークショップ
課題プレゼンテーションの作成と発表
グループ内での発表とフィードバック
代表者による全体発表と講師によるフィードバック
4.聴き手を動かすスピーチの秘訣
メリハリのあるスピーチの進め方
言葉、声、姿勢、ジェスチャーの注意点
効果的な事前準備の方法と質疑応答での注意点
噛まない話し方のためのトレーニング方法 他

主な実績

【講演】
ちば銀総合研究所/常陽産業研究所/株式会社とみん経営研究所/株式会社京都総合経済研究所/たかの友梨ビューティークリニック/青森県庁/大田区産業振興協会/埼玉県産業振興公社/玉川大学/東京都中小企業診断士協会/長野県中小企業振興センター/財団法人21世紀職業財団/一般社団法人日本経営協会/社団法人日本新聞協会/横浜企業経営支援財団/神奈川ニュービジネス協議会/日本政策金融公庫/建設不動産駿台会/神戸学院大学 他

【研修】
新日鐵住金株式会社/日清オイリオグループ株式会社/株式会社ミクニ/メットライフ生命保険/株式会社/ジブラルタ生命保険株式会社/NTTコミュニケーションズ株式会社/DHLグローバルフォワーディングジャパン株式会社/みずほ総合研究所株式会社/住友不動産建物サービス株式会社/三井住友建設株式会社/清水建設株式会社/森永乳業株式会社/株式会社ワコム/株式会社TMJ/ダイレクトソリューションズ株式会社/株式会社ダスキンヘルスケア/株式会社テックコミュニケーションズ/株式会社オルトプラス/株式会社労働調査会 他

【メディア】
<テレビ>
・テレビ朝日『デキる大人講座(auニュースEX)』
・フジテレビ『ホンマでっか!?TV』
<ラジオ>
・J-WAVE『別所哲也のTOKYO MORNING RADIO』
<新聞>
・日本産業新聞「プレゼンテーション特集」
・長野県商工新聞「中小のマーケティング強化 顧客への自己PRを学ぶ」
<WEB>
・Woman type「人前で話すのが苦手な人に効くバスガイド式トーク術」
・独立・開業・起業アントレ「脱サラ1年生のための営業力アップ法」
<連載・執筆>
・Bizocean書式ナビ「情報をシンプルに整理する図解力アップに役立つ書式10撰」
・Bizocean書式ナビ「思いを必ず形にする説得力のある企画・提案の書式10撰」
・Bizocean書式ナビ「新たな取組みをゴールへ導くプロジェクト管理に役立つ書式10撰」
・Bizocean書式ナビ「営業ならサラッと書きたい取引先や訪問先に送る書式10撰」
・Bizocean書式ナビ「客観的な分析が売上アップにつながるマーケティング書式10撰」
・日経MJ「学ぶ磨く特集(プレゼンテーションスキル)」

主な著書

『出世する伝え方』(きずな出版 2018/5)
※Kindle版はこちら
<内容紹介より>
「伝える力は単なる業務処理の道具ではなく、自分をアピールするための必須スキル」伝え方のプロである著者が伝えたい、本書の大きなテーマです。・上司に新しい企画を伝えて承認を得るとき・部下に仕事の指示やアドバイスをするとき・会議で業務報告や意見を述べるとき・取引先に商品のプレゼンをするとき これらのシチュエーションで、物事をわかりやすく伝え、そして相手の理解を得ることができれば、確実に成果を挙げることができます。しかし、それだけで終わってしまうのは、じつにもったいないことです。もっと視点を変えて、伝える力の効果と威力を深く認識し、ほかの人がやっていないことを実行すれば、あなたを上のランクへ押し上げる、「出世するための武器」になりえるのです。その具体的な方法と理由を、日常のビジネスシーンに合わせてくわしく解説するのが、本書。コミュニケーションで自分の価値を高める超実践的スキルが満載!上司も部下も必読の書です。
『医療従事者のためのプレゼンテーション成功マニュアル』
(篠原出版新社 2016/8)
『バスガイド流プレゼン術』
(CCCメディアハウス 2013/6)
※Kindle版はこちら
<内容紹介より>
バスガイドは、旅の楽しさを伝える最高のプレゼンター。プレゼンテーションは旅、聴き手は旅行客と考えれば、知識ばかりで実践が伴わなかったあなたも、プレゼンの達人になり、ビジネスに活かすことができます。協力:はとバス
はとバス現役ガイドのインタビューも収録!
◎プレゼンテーションを旅に、プレゼンターをバスガイドに、聴衆を旅行客にたとえる「バスガイド式プレゼン上達法」。◎誰もが身近に経験したことのあるバス旅行を題材にすることで、本物の実践力を身につけられます。◎小難しいロジックや小手先のノウハウを学ぼうとして挫折したあなたでも上達できます。

 

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム