講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. ビジネス全般
  4. 小林 さやか
小林 さやか

小林 さやか(コバヤシ サヤカ)

プロフィール

■さやか(ビリギャル/小林さやか)
『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40 上げて慶應大学に現役合格した話』(坪田信貴・著)の主人公=ビリギャル。
坪田先生、あーちゃん、さやか 1988年3月生まれ、名古屋市出身、東京都在住。中学、高校で学年ビリを経験し、高2の夏に小学4年レベルの学力しかなかった。当時の全国模試の偏差値は30弱。中学時代は素行不良を理由に何度も停学になり、学校の校長に「人間のクズ」と呼ばれたことも。塾講師 坪田信貴氏との出会いを機に、1年半での日本最難関レベルの私大、慶應義塾大学の現役合格を目指すことになる。結果、1年で偏差値を40上げて、複数の難関大学のほか、慶應義塾大学に現役で合格を果たした。その後、ウェディングプランナーとして活躍し、2014年にフリーランスに転身。
現在は、合同会社ickaを設立し、全国への講演活動やイベント企画運営などをしながら、教育現場でインターンするなど、幅広く活動中。
<略歴>
『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(坪田信貴・著)の主人公=ビリギャル。1988年3月生まれ、名古屋市出身、東京都在住。高2の夏に小学4年レベル、偏差値30の学力しかなく、教師に「人間のクズ」と呼ばれたことも。その後、1年で偏差値を40上げ、複数の難関大学、慶應義塾大学に現役で合格。卒業後はウェディングプランナーとして活躍、2014年にフリーランスに転身。現在は全国への講演活動やイベントの企画運営をしながら、教育現場でインターンするなど、多岐に渡り活動中。

主な講演テーマ例と概要

やってみなきゃわかんないっしょ!
「自分はどうせ無理」と思っている中高生に向けて、ストーリー仕立てでエールを送ります。
わたしの話をきけば「自分にもできるかも」と思えると思います。
「映画ビリギャルの主人公に学ぶ、家族や学校の効果的な在り方」
 ~やる気スイッチは誰が押す?
こどもたちの能力を引き出すオトナのあり方についてこどもの立場からお話しします。
ビリギャルが生まれた本当の理由は、母や坪田先生のあり方にあります。
「やればできる」を「できる」に変えたビリギャルからのメッセージ
誰かを指導する立場の方にビリギャルストーリーを交えながらコーチングの観点からお話しします。
ビリギャル流不可能を可能に変える5つのコツ
「ワクワク」がどんなことにも一番の原動力になるということをビリギャル節でお伝えいたします。

主な講演実績 (敬称略、順不同)

【主な講演会実績】
「児童、生徒の生きる道を育む」
〔内容〕 知らないことを知るってこんなにも面白い!諦めないことの大切さを講演。
〔主催〕 ⽇本経済新聞社名古屋支社と名古屋大学の共催
「就職トレーナー阿部⽒との対談」
〔内容〕 坪田先生にどんなアプローチをされ、どんなふうに気持ちが変わっていったのか?
〔主催〕 株式会社パソナ
「地域でつくろうみんなの学校」
〔内容〕 学校、家庭、地域が三位⼀体となってこどもを教育していく必要性について
実体験を交えながら講演。
〔主催〕 名古屋青年会議所
「やってみなきゃわかんないっしょ」
〔内容〕 中学1~3年の生徒と保護者の皆様へ「なにかを死ぬ気でがんばるという経験こそが、
必ずあなたを⼤きくしてくれる」というメッセージを中心に講演。
〔主催〕 名古屋市立港南中学校
  
  
【講演実績】
北名古屋市総務部市民活動推進課/大垣信用金庫/名古屋経済大学/まちづくり福井/一般社団法人広島歯科医師会/ハウス食品労働組合/東海市商工会青年部/株式会社宅都ホールディングス/岐阜トヨタ/オムロン株式会社/大妻女子大学学友会/平和堂同鳩会/久留米大学学術文化部/イクネスしばた/一般社団法人長岡青年会議所/日立パワーソリューションズ/島尻青年会議所
全国多数中学・高校  他多数

ご参加者の皆様の感想

<主催(塾)ご担当者>
受験生の母親が、受験のことより子育ての基本は「子どもを信じること」と語ってくれました。また72歳の男性は「(孫を)ほめて育てようと思います。夢を口に出して言い切ると(講師は)言っていましたが、本当です、私も同じ経験をしました」と話してくれました。
<主催(教育関係)ご担当者>
ほぼ、お願いした内容のお話をいただけた。ありがとうございました。
<主催(新聞社)ご担当者>
来場者が身近な話をして自分事化できる内容だったと思います。特に親の方か真剣に話を聞いている姿が印象的でした。セミナー終了後のアンケート結果では高い評価をいただきました。
<主催(大学)ご担当者>
「トークショウ」が終了してからも、多くの参加者が、さやかさん、こころさんからさらに話を聞こうと列を作っていました。お二人の、飾らない率直なお話しぶりが感銘を与えたようでした。「わいわいフェスティバル」の反省会でも、これはとても良い企画であったという参加者の声がたくさん報告されました。こころさんからは、当日の参加者が「いい人たち」で、充実したよい催しであったというお手紙をいただきました。私は、日を改めて本学の学生にぜひ聞かせたいという思いを新たにしたところです。

主な出演メディア実績

<テレビ>
  • FNS 27時間テレビ(フジテレビ)
  • おじゃマップ(フジテレビ)
  • 中居正広の金曜日のスマたちへ 2時間SP(TBS)
  • ニノさん(日本テレビ)
  • ニュースウォッチ(NHK)
  • ゴロウデラックス(TBS)
  • 超お宝マーケティング!ソコホル(日本テレビ)
  • ヒルナンデス(日本テレビ)
  • ZIP(日本テレビ)
  • ジャネーノ!?(フジテレビ)
  • ポータル(テレビ朝日)※Yahoo!にて取り上げ、Youtube再生回数が歴代1位(ポータル)
  • みんなの疑問 ニュースなぜ太郎(テレビ朝日)
  • ZIP(日本テレビ)
  • 昼までまてない(メーテレ)
  • みんなのニュース(東海テレビ)
  • キャッチ(CBC)
  • 映画ビリギャル完全ナビ(TBS)
  • ほっとイブニング(NHK名古屋)
  • 夢の食卓(BSフジ)
  • ビビット(TBS)
  • ニュースウォッチ(NHK)
  • びるおび(TBS)      など
<ラジオ>
  • 大竹まことのゴールデンラジオ(文化放送)
  • 大谷ノブ彦 キキマス!(ニッポン放送)
  • 中山エミリ Amitie du weekend (TOKYO FM)
  • 広瀬隆のラジオで行こう!(CBC)
  • Blue Ocean( TOKYO FM)
  • ほんまもん!原田 年春です(ラジオ大阪)
  • OH!HAPPY MORNING(JFN)
  • The BAY☆LINE (ベイエフエム)
  • 上泉雄一のええなぁ!(MBSラジオ) など
<インターネット&雑誌>
  『ウェブメディア』

  • ダイヤモンドオンライン
  • mamaプレス
  • J-CAST
  • 日経ビジネスオンライン
  • JB Press
  • 週アスPLUS
  • 魔法のiらんど対談企画
  • SankeiBiz
  • コクヨ「inspi」
  • コクヨ「てがきびと」
  • NEWSポストセブン
  • ラングリッチ
  • キッズイベント
  • など

『週刊誌・雑誌・新聞など』

  • 週刊文春
  • 新文化
  • 朝日中学生ウィークリー
  • 女性セブン(心に残った3冊)
  • The professional wedding
  • 週間ダイヤモンド
  • AERA
  • 読売ジュニアプレス
  • 日経エンタテイメント
  • 産経新聞コラム掲載
  • 宝島社「女の子をラクに伸ばす本」
  • 女性自身
  • STORY(光⽂社)
  • 中日新聞
  • 東京新聞
  • ニコラ
  • AERA with kids
  • 婦人公論
  • 月間ミスターパートナー
  • 2015年の論点(文藝春秋) など

主な著書

『キラッキラの君になるために ビリギャル真実の物語』
(マガジンハウス 2019/3)
※Kindle版はこちら
発売以来大人気、たちまち重版!
<Amazon内容紹介より抜粋>
慶應大学現役合格。累計120万部のベストセラーのモデル、ビリギャル本人による、初の書き下ろし!
ビリギャルは、奇跡なんかじゃない。「死ぬ気で頑張る」は、人生を変える。
この本を、どうか、あなたの人生に重ね合わせて読んでほしい。
大学受験、失恋、アルバイト、就職、転職、結婚、離婚……
波瀾万丈の31年を支えたのは、本気の頑張りと母の大きな愛だった。
本人目線の「ビリギャルの真実」、大学受験で見つけた「夢を叶える6つの法則」、崩壊していた家族の再生物語など、本人の言葉で包み隠さず書いた、感動のドキュメント。
<「BOOK」データベースより>
死ぬ気でやって、よかったよ。大学受験、恋愛、アルバイト、就職、転職、結婚、離婚…波瀾万丈の30年を支えたのは、本気の頑張りと母の大きな愛だった。累計120万部のベストセラーのモデル、ビリギャル本人による涙と笑いの書き下ろし!
小林さやか共著 『ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話』
ああちゃん、さやか(ビリギャル) 共著
(KADOKAWA/アスキー・メディアワークス 2015/2)
<Amazon内容紹介より>
2014年度新風賞を受賞し、有村架純さん主演で映画にもなった感動の大ベストセラー小説『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』(坪田信貴 著/略称ビリギャル/2014年度オリコン・ベストセラー総合5位)の主人公であるビリギャルさやかさんとその母ああちゃんが共同執筆した(メイン著者はああちゃん)、もうひとつのビリギャルと言える感動ノンフィクション小説が登場!
偏差値30から慶應義塾大学に現役合格した姉(さやか)、父親のスパルタ教育のせいで思春期に自暴自棄になってから立ち直った弟(長男)、不登校状態から上智大学に合格した妹など――いま話題のビリギャル家族のすべてがわかる、何度も泣ける、本当にあった物語。
不遇を極めた祖母、母、娘(さやか)と受けつがれた「折れない心」。その心は、どん底の家庭環境のなか、どのように伝えられたのでしょうか?「親族になけなしの金を生涯むしられた自分の母に、幸せな家庭を見せたい」――そう願ってああちゃんが始めた夫婦生活は、すぐに冷え切り、怒声が飛び交う家に。そんななか、ああちゃんは改心し、全く新しい子育てを始めます――
爆発的ながんばりを、あなたの子どもからも引き出せる、感動的な気づきを満載した内容です。
赤ちゃんや幼児の親御さんから受験生の親御さんまで、現在と未来のすべての親御さん、そして部下や後輩を指導する方々必読の、人生観や価値観をゆさぶられる一冊です。
「あなたの家族にも、奇跡を起こせる、実話です」と、ビリギャル著者 坪田信貴先生(坪田塾 塾長)も推薦! 巻末には、坪田信貴先生による解説も掲載されています。
かんたんかつスピーディーに読めて、しかも読みごたえのある感動巨編です。
カバー写真には、ああちゃんとさやかさんご本人が登場! 中にはギャル時代のさやかさんのプリクラや幼少期の家族写真なども掲載しています。

 

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム