講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. ビジネス全般
  4. 今津 嘉宏
今津 嘉宏

今津 嘉宏(イマヅ ヨシヒロ)

現 職

芝大門いまづクリニック院長
北里大学薬学部 非常勤教員
首都大学東京 非常勤講師

略 歴

1962年 名古屋生まれ
1981年 私立東海高校卒業
1988年 藤田保健衛生大学医学部卒業
  第82回医師国家試験合格
1988年 慶應義塾大学医学部外科学教室 助手
1989年 国保南多摩病院外科 医員
1990年 国立霞ヶ浦病院外科 医員
1991年 慶應義塾大学医学部外科学教室 助手
1994年 恩賜財団東京都済生会中央病院 外科医員・副医長
2009年 慶應義塾大学医学部漢方医学センター 助教
  World Health Organaization (WHO) Intern
2011年 北里大学薬学部 非常勤講師
2013年 慶應義塾大学薬学部 非常勤講師
  芝大門いまづクリニック 院長 現在に至る
2014年 北里大学薬学部 非常勤教員 首都大学東京 非常勤講師 現在に至る

専門分野

漢方医学、外科学、栄養学、内視鏡学、緩和医療学、医療地域連携

主な講演テーマ例

がんと漢方
上体温のすすめ
風邪予防、虚弱体質改善から始める最強の免疫力

主な実績

日本胸部外科学会 認定医 2003.1.1〜終身にわたる
日本外科学会 認定医 1992.12.1〜終身にわたる
日本外科学会 専門医 2002.12.1〜2017.12.31
日本外科学会 指導医 2004.12.1〜2014.11.30
日本消化器外科学会 認定医 1996.12.21〜2006.12.20
日本消化器内視鏡学会 認定医 2000.12.1〜2005.11.30
日本消化器内視鏡学会 専門医 2002.12.1〜2016.11.30
日本消化器内視鏡学会 指導医 2004.12.1〜2016.11.30
日本消化器病学会 専門医 2003.1.1〜2017.12.31
日本食道学会 認定医 2009.1.1.〜2013.12.31
日本食道学会 評議員 2007.4.16〜2009.4.15
日本東洋医学会 専門医 2000〜2020.3.31
日本東洋医学会 指導医 2005〜2019.3.31
日本東洋医学会 代議員 2007〜2014
日本がん治療認定医機構 認定医 2007〜2018.3.31
日本がん治療認定医機構 暫定教育医 2007.8.1〜2018.3.31
日本医師会 産業医 2005.9.27〜2020.9.25
難病医療費助成指定医療機関 2016.8.1〜2022.7.31

主な著書

今津嘉宏著書 『風邪予防、虚弱体質改善から始める最強の免疫力』
                               (ワニブックス 2016/10)
<「内容紹介」より>
今年こそは病気を防ぐ名医の最強の免疫講座! 風邪にまつわるウソ、ホント、徹底的にお教えします!
Q. マスクだけで、風邪の予防ができる?
Q.何を使ってうがいをすれば効果てきめん?
Q. 手洗いは、石けんを使わないと効果がない?
Q.体を温めるのにいいのはトウガラシ・生姜どっち?
Q. 風邪の時食べるなら、インスタントラーメンorインスタントカレー?
Q. 風邪の治りかけ、ヨーグルトに入れるなら、最強の食材は?
Q.長ネギを焼いて、ノドに巻くと良いって本当なの?
「病気にかからないように毎日の生活で心がけるポイントは、『敵を知り、己を知れば、百戦危うからず』です。まずは、風邪について、いろいろと学んでいきましょう」(著者より)。
今津嘉宏著書 『仕事に効く漢方診断』(講談社 2016/5)
<「BOOK」データベースより>
忙しい人ほど、身体の調子が悪くても簡単には仕事を休めません。そんなときこそ、漢方の出番です。漢方は科学に則って発展した日本の伝統医学であり、西洋医学では対処しづらい“病気未満の不調”の解消を得意としています。本書では、働くあなたに身近な8つの症状を西洋医学と漢方医学の両面から診断し、治療法を解説します。ビジネスマンは身体が資本です。大きな問題になる前の小さな健康上のトラブルを解決することで、あなたは仕事のパフォーマンスを高く保つことができるでしょう。コンビニのエナジードリンクに頼るのではなく、「漢方」を生活に取り入れて、いつまでも健康に働けるベストな身体を手に入れましょう!
今津嘉宏著書 『子どもの心と体を守る養生』(青春出版社 2016/1)
<「内容紹介」より>
塾通い、いじめ、集団行動、デジタル機器の普及……など、現代の子どもたちは身体的・精神的ストレスにさらされており、体や心の不調を訴える子どもは少なくありません。外科医でありながら漢方医としても働く今津氏は、子どもの体や心の健康を守るには、まず「体を温めること」が重要だと説きます。ただ、大人と子どもの体は違うもの。大人と同じように体を温めても、効果が出ないどころか逆効果になることも少なくありません。本書では「冷えをとって子どもの体と心を守る方法」を、西洋医学・漢方医学どちらにも精通している今津先生にご伝授頂きます。
<「BOOK」データベースより>
元気がない、すぐ風邪をひく、疲れやすい、すぐにイライラする…こんな症状は「冷え」が原因だった!幼稚園児、小学生、中学生。名医が教える年齢に合った温め方。
今津嘉宏著書 『「不眠」「野菜不足」「冷え」を改善!115歳が見えてくる“ちょい足し”健康法』(ワニブックス 2015/10)
<「内容紹介」より>
「寝起きの常温水で胃腸を元気に! 」「朝食は吉野家で焼き魚定食を」「昼ご飯のオススメはレバニラ定食」「医師も食べているリンガーハットの『野菜たっぷりちゃんぽん』」「焼肉の時はサンチュよりもキノコを注文」「“ビールに枝豆”は最強の組み合わせ」「締めのラーメンでも太らない秘訣」「夜は『京都西川の布団』で熟睡! 」……名医が自ら実践する、日常生活に工夫を“ちょい足し”した新・健康法! この1冊があれば寒い季節に悩まされる風邪、インフルエンザ、さらには過食・運動不足による生活習慣病はもう怖くない!!
今津嘉宏著書 『89.8%の病気を防ぐ上体温のすすめ』
     (ワニブックス 2014/10)
<「内容紹介」より>
糖尿病、がん、高血圧、肥満、動脈硬化、リウマチ、老化、アトピー、ぜんそく、冷え症、皮膚炎……日本人を悩ませる89.796%の病気は、体温が上がれば発生しません!
「野菜は形よりも色で選ぶ」「白ワインよりも赤ワイン」「食事は野菜よりも温かいものから」「水もよく噛む」「常に利き腕とは逆の腕を使う」など、病気・加齢知らずの名医が自ら実践する、金入らず、手間入らず、運動入らずの簡単生活習慣、お教えします!!
<「BOOK」データベースより>
お金をかけずに長続きする体温が上がる方法、お教えします!!野菜は形よりも色で選ぶ!白ワインよりも赤ワイン!食事は野菜よりも温かいものから!水もよく噛む!常に利き腕とは逆の腕を使う!etc…
『『がん漢方』編集(南山堂 2012/8)

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム