講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. スポーツ
  4. 山本 昌
山本 昌

山本 昌(ヤマモト マサ)

現 職

スポーツコメンテーター(元プロ野球選手)

略 歴

1965年8月11日生まれ。神奈川県茅ヶ崎市出身。
1984年 日本大学藤沢高校からドラフト5位で中日ドラゴンズに入団。
2006年 史上最年長の41歳1ヶ月と5日でのノーヒットノーランを達成。
2015年 9月26日現役引退を表明。10月7日のシーズン最終戦、広島戦にて史上最年長先発、登板を果たし数々の史上最年長記録を打ち立てた現役生活に別れを告げた。
1984年に入団して以来、32年間中日ドラゴンズ一筋で活躍したフランチャイズプレイヤー。
プロ生活32年、実働29年はいずれも歴代最長で、数々の最年長記録を樹立している。
3度最多勝に輝き、94年には沢村賞を受賞。2006年には史上最年長でのノーヒットノーラン、08年には通算200勝を史上最年長で達成した。またプロ通算219勝のうち半分以上の140勝を30歳以降に記録しており、また40歳以降でも46勝を挙げた「中年の星」、「レジェンド」として記録にも記憶にも残る名投手として知られる。
2015年9月26日ブログで引退を発表した。10月7日のシーズン最終戦で広島戦に先発し、先頭打者をセカンドゴロに打ち取り、現役最後の登板を終え32年に渡る現役生活に終止符を打った。

経 歴

1965年8月11日生まれ。神奈川県茅ヶ崎市出身
1981年 日本大学藤沢高等学校に入学
1984年 ドラフト5位で中日ドラゴンズに入団
2006年 史上最年長の41歳1ヶ月と5日でのノーヒットノーランを達成。
2015年 史上最年長先発、登板の記録を樹立。現役引退を発表
山本昌氏が野球を始めたのは小学校三年生の時。中学高三年の時、神奈川県大会に出場したこともあり、野球推薦で日大藤沢高に入学した。高校三年間通して一度も全国大会に出場出来なかったものの、その恵まれた体型とキレのある投球が評価され1983年のドラフト会議で中日ドラゴンズから5位指名を受け、プロ入りを果たした。
1988年、球団からアメリカ留学へ派遣され、ドジャーズ傘下の1Aチームにてプレー。そこで世話役を任されたアイク生原との再会が今の山本昌氏の大活躍に繋がっていると言える。今の勝ち球、大きく落ちるスクリューボール(シンカー)は生原の下で磨いた投球である。そしてそれ以上に生原は野球の楽しさを再び思い出させた人物だとのちに山本昌氏は語った。その年はペロビーチ・ドジャースで、16勝を挙げマイナーリーグのオールスターゲームにも出場した。その活躍ぶりを目のあたりにした当時の星野監督は当初1年間のはずだった留学予定を切り上げ、帰国させた。
帰国直後からその精度の高いシンカーが評価されシーズン後半戦の先発ローテーションメンバーに名を挙げ5連勝を記録。その勢いでリーグ優勝にも大きく貢献。
90年代からはチームのエースとして活躍。93年、94年、97年と3度もリーグ最多勝を獲得。
2000年代に入ってからは次々と最年長記録を更新。06年9月(41歳1ヶ月)には最年長ノーヒットノーラン、10年9月(45歳)には最年長完投勝利・完封勝利、13年8月(48歳)には最年長安打、14年9月(49歳)には最年長先発出場、最年長先発勝利投手、そして最年長奪三振を記録。「歩くギネスブック」というニックネームが付くほど記録づくめであった。
2015年は、8月9日に49歳11ヶ月で最年長先発記録を樹立するも、投球中に左手指を痛めて途中降板。9月26日にブログにて現役引退を発表した。10月7日のシーズン最終戦、広島戦に先発。先頭打者をセカンドゴロに打ち取り惜しまれつつも現役生活に終止符を打った。またプロ野球人生32年間で積み重ねた勝利の星は歴代16位の219勝にのぼる。

プロ通算成績

プロ31年間で581試合に登板、219勝165敗5セーブを記録。

<獲得タイトル>
 最多勝:3回 (1993年、1994年、1997年)
 最優秀防御率:1回 (1993年)
 最多奪三振:1回 (1997年)
 沢村賞:1回 (1994年)
 最優秀投手:2回 (1994年、1997年)
 ベストナイン:2回 (1994年、1997年)
 ノーヒットノーラン:1回41歳1ヶ月5日-2006年9月16日

<史上最年長記録>
 
試合出場・登板:50歳57日-2015年10月7日
 先発出場・登板:50歳57日-2015年10月7日
 勝利:49歳25日-2014年9月5日
 先発勝利:49歳25日-2014年9月5日
 奪三振:49歳363日-2015年8月9日
 完投勝利・完封勝利:45歳24日-2010年9月4日
 ノーヒットノーラン:41歳1ヶ月5日-2006年9月16日

専門分野

プロ野球、セルフマネジメント、コミュニケーション

主な講演テーマ例と概要

継続する心 (社会人向け)
誰でも同じ環境で同じパフォーマンスを続けることは簡単ではありません。プロ生活32年を1つの球団で活躍し続けたフランチャイズプレイヤーでもある山本昌氏が自身の経験から1つ場所で1つのことをやり続ける力。またそこで結果を残し続けることの難しさと常に向上心を持ってやり続ける難しさをお話しします。
今の自分が未来の自分を作る~準備することの大切さ~ (学生向け)
50歳までプロ野球選手として活躍した山本昌氏も一朝一夕で大成されたわけではありません。若い頃、結果が残せず背水の陣で挑んだアメリカ留学、そこで出会った最大の恩師。そしてそこで学んだ基本の技術を徹底する大切さなど、その若い頃からの努力の積み重ねや多くの人との出会いがあってこそ今日の姿があるのです。またラジコンレースなど自分の大好きな事をやりながらも、プロの世界でしっかりと結果を残し続けてきた自身の経験をもとに今の自分が未来の自分を作る、その大切さを自身の経験から未来ある若者に向けてお話しします。

主なメディア出演

<TV出演>
 ・プロ野球中継解説
 ・プロフェッショナル 仕事の流儀:2014年7月28日
   『プロ野球投手・山本昌 球界のレジェンド 覚悟のマウンドへ』
<ラジオ出演>
 ・プロ野球中継解説

主な著書

山本昌著書 『山本昌という生きかた』 (小学館 2015/8)
<内容紹介より>
山本昌が50歳まで現役を続けられた秘訣
8月11日に50歳を迎えた、日本プロ野球現役最年長選手、山本昌。1983年ドラフト5位で、中日ドラゴンズ入団。最多勝(3回)、最優秀防御率、沢村賞など数多くのタイトルを獲得。2006年には、41歳でノーヒットノーランを達成し、2014年には、NPBの最年長勝利記録を樹立。今シーズンあと1勝すれば、MLBのジェイミー・モイヤー元投手の保持する世界記録を更新します。 前人未踏の領域に挑戦する、不屈の男・山本昌投手は、同年代の人々に、夢と希望を与えています。決してエリートとしてプロ野球界に入ったわけではない彼が、なぜ50歳まで現役を続け、様々な大記録を樹立することができたのか?本書は、そんな山本昌投手の歩んできた32年のプロ野球人生の中から生まれた、哲学や信条の全てを、彼が経験してきた多くのエピソードとともに一冊にまとめました。また、山本昌投手が、50歳まで現役を続けることになった落合GMの言葉や、推定価格1億円のスーパーカー、ランボルギーニ・ミウラに乗る理由、投げ続けたことで曲がらない左腕の秘密など、初めて明かすエピソードも満載です。
【編集担当からのおすすめ情報】
多くの自己啓発本には「センスを磨く」とか「才能を伸ばす」という言葉が溢れていますが、中高年の星と呼べる、山本昌投手の生き方は、そんな言葉が陳腐に思えるような説得力があります。「ただ長く続ければいいのか?」という問いにも、「ええ、長く続ければいいんです」と返答できるシンプルな生き様は見事の一言です。彼の生き方は、同世代の男性が読んでも共感できる人生訓が満載です。本書を読めば、彼がなぜ50歳まで投げ続けられたのかが分かります。
山本昌著書 『覚悟を決める心:山本昌語録』 (青志社 2015/7)
<内容紹介より>
覚悟を決める心、すると、ひとつの道が見えてきた。32年間で219勝
あと1勝でメジャー最年長勝利記録更新!8月に50歳を迎える球界のレジェンド、中日ドラゴンズ 山本昌の人生に迷わない58の覚悟の有り方。「努力」は必ずしもすぐには報われない。でも諦めず継続することによって、やがて日の目を見ることができる。また、いまが「不遇」であっても、嘆かず、向き合っていけば必ず”そこ”を超えるチャンスが訪れる。いくつになっても「夢」を持ち続けることも忘れないでほしい、ということを伝えたい。本書は、僕の野球人生における経験をもとに、さまざまな〝覚悟の心の有り方〞を問う内容にした。――まえがきより
山本昌著書 『継続する心』 (青志社 2013/7)
<「BOOK」データベースより>
これを実践したから器用でもない47歳の著者がプロ野球で30年間も投げ続けられてこれた。誰にでもできるメンタル成功習慣。
山本昌著書 『進化』共著:山﨑武司 (あさ出版 2013/4)
※Kindle版はこちら
<内容紹介より>
30歳を過ぎてから133勝、291ホームラン。30年目と27年目のシーズンに臨む、47歳と44歳。「現役最年長」を更新し続ける2人が語る、「今なお進化し続ける理由」とは?“引き際”についても赤裸々に語った!
山本昌著書 『悪あがき』 (ベストセラーズ 2013/3)
<「BOOK」データベースより>
プロ30年目!ドラフト“五位”入団―。決してとびぬけた才能があったわけではない。入団当初は結果が残せずに、球団からお荷物扱いされリストラ候補…。そんな男がなぜ厳しいプロ野球の世界で30年間も現役を続けられているのか。
山本昌著書 『133キロ怪速球』 (ベースボールマガジン社 2009/5)
<「BOOK」データベースより>
日本球界を代表するベテラン左腕・山本昌。2008年には史上24人目の200勝投手となった。83年秋のドラフト5位で中日に入団した著者は体だけは大きかったが、しかし決して才能に満ちあふれていたわけではなかった。戦力外通告におびえていた著者は何を考え、弱肉強食のプロの世界でいまもなお生き残ることができているのか。どこにでもいた“普通の”野球少年が“特別の”投手になった理由とは。プロ26年目にして初の自著。

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム