講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. 文化・芸術
  4. ちひろ
ちひろ

ちひろ(チヒロ)

現職

歌手/作曲家
ラジオパーソナリティ

略歴

1997年より作曲家。2003年より歌手として活動を始め、自身が作曲した童話詩人金子みすゞの詩を中心に、全国各地や海外でコンサート・講演を行っている。

人権、男女共同参画、教育研修講演会、福祉大会等のトークコンサートでの依頼も多く、「人としての原点を見つめ、忘れていたものを思い起こさせてくれる“感動のステージ”」と定評がある。歌声のみならず、実話や体験談を語る温かな声色は、幅広い世代の心を掴む。

ラジオパーソナリティを担当したエフエム山口特別番組「こだまでしょうか~今、金子みすゞの心を聴きたい~」が第7回日本放送文化大賞ラジオ部門準グランプリを受賞し、全国放送となる。

2016年8月には、広島東洋カープ公式戦(Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島)にて国歌斉唱を行った。
山口県出身。

主な実績

◆ラジオパーソナリティ
・「ちひろDEブレイク」KRY山口ラジオ 毎週日曜日/午後2時放送中

◆受賞歴
・第7回日本放送文化大賞ラジオ部門準グランプリ
 番組名「こだまでしょうか~今、金子みすゞの心を聴きたい~」
 <制作:エフエム山口 パーソナリティ:ちひろ>

◆国歌斉唱
・2016年8月30日 広島東洋カープ公式戦(vs 横浜 DeNAベイスターズ)
         Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島にて

◆音楽監督(作曲/編曲)
・第21回国民文化祭・やまぐち2006の金子みすゞミュージカル「みすゞ夢空間」
・山口県美祢市秋芳洞『3億年のタイムトンネル』BGM

◆防災無線
・「ふるさとの風~山口市民の歌~」作曲/編曲・・・平成27年9月1日~山口県山口市内で夕方に放送
・「一寸法師」作曲/編曲・・・平成27年11月1日~山口県長門市内で正午に放送

◆楽曲管理
・著作権/日本音楽著作権協会(JASRAC)
・出版権/株式会社フジパシフィックミュージック、株式会社日音、株式会社ベルミューズ

◆主な制作作品
【学校校歌(作詞/作曲/編曲)】
・山口県阿武町立阿武小学校
・岐阜聖徳学園高等学校

【人権の歌(作詞/作曲/編曲)】
・熊本県菊陽町「こころ」

【応援歌/イメージソング(作詞/作曲/編曲/歌)】
・2004アテネオリンピック男子マラソン日本代表 油谷繁選手(中国電力)応援歌
 「君が教えてくれたもの」
・中国04総体相撲競技イメージソング「高き空に」

【掲載】
・『さあうたおう』(正進社)
・『金子みすゞの110年』生誕110周年記念誌(JULA出版局)にちひろのCDが紹介される
・『歌がつむぐ日本の地図』(帝国書院)の山口県の歌に「鯨法会」が選ばれる

◆CMソング(作詞/作曲/編曲/歌)
あさひ製菓「月でひろった卵」、「ホテル楊貴館」、「ハートピア共済」、「山口県人権啓発週間」、
「杉山内科小児科医院」など

◆ちひろ関連商品
・株式会社シマヤ「金子みすゞの子守唄で寝かせた味噌」
 ちひろが作曲し歌う金子みすゞの歌「波の子守唄」が味噌の熟成段階で聴かせる歌として起用

トークコンサート 

ちひろトークコンサート
 ~金子みすゞの心・マザーテレサのメッセージ~
金子みすゞの詩「こだまでしょうか」は、東日本大震災直後、ACジャパンのテレビCMによって一躍全国に広がりました。しかし、その心は一過性のものではなく、童謡の枠を超え、私たちが生きるための大切なメッセージとして今もなお、私たちの心に問いかけてくれます。
例えば、 ・「大漁」という詩から学ぶ、食前に言う「いただきます」の言葉の「感謝」の心。 ・「星とたんぽぽ」の詩からは、この世の中には、見えるものと見えないものの両方が存在し、目に見えない中にこそ大切な“生きる”メッセージが込められているということ。 ・「私と小鳥と鈴と」の詩には、自分以外の全ての存在に眼差しを向け、そこから生まれるおかげさまの気持ち。またなぜ人はそれぞれ違った特性を持って生まれたのか、それは「社会に役立てるための自分らしさ」など、心を養う大切なメッセージが金子みすゞの詩にあるということ。
更に東日本大震災の翌年から被災地となった福島県で5年間続けて行った「東日本復興応援ちひろコンサート」で直接出逢った現地の方のエピソード、「私は仮設住宅に暮らして初めて幸せを感じたんだよ」というその言葉の背景、被災地からの学び「人と人のふれあいこそが人間の一番の幸せ」を伝える。
金子みすゞとマザーテレサの二人に共通する心「優しさの中の“強さ”」
マザーテレサ自身が大切にしていた言葉に曲を付け歌った「メッセージ」は、真っ直ぐに生きようとする人の背中を押してくれる歌。信念を貫く大切さに気づかされる。
人権、男女共同参画、教育というテーマに沿って話を進め、「人としての原点を見つめる」心を分かち合い、一緒に手話や歌を歌うひと時もあり、心温まるトークコンサート。
ちひろ1 ちひろ2
   
ちひろ3 ちひろ4

過去実績

<人権講演会>
●長野県<岡谷市・箕輪町>
●岐阜県岐阜市
●石川県志賀町
●三重県 <伊賀市・志摩市(波切・浜島)・四日市市川島・桑名市長島>
●和歌山県 <田辺市(本宮町も含む)・湯浅町>
●奈良県 <川西町・山添村・生駒市>
●大阪府 <大阪市住之江区敷津浦・太子町・大東市・摂津市>
●兵庫県 <神戸市垂水区・芦屋市・丹波市・赤穂市・上郡町>
●鳥取県 <鳥取市福部町・若桜町>
●岡山県 <井原市・矢掛町>
●島根県 <松江市・大田市・安来市(伯太町も含む)・出雲市・川本町・奥出雲町・美郷町>
●広島県 <廿日市市(佐伯・大野・宮島町・吉和を含む全地域)・府中町・三次市・安芸高田市八千代町・竹原市>
●山口県 <山口市(大殿・湯田・上郷・阿東・鋳銭司・秋穂・小郡二島・徳地)・長門市・和木町・岩国市通津・柳井市・周南市(菊川・熊毛・沼城・戸田・福川・冨田・和田)・山陽小野田市・美祢市・萩市・宇部市・下関市(神田・小月)・下松市・光市>
●香川県東かがわ市
●徳島県 <徳島市・小松島市・つるぎ町(半田・貞光など)・海陽町・鳴門市(大麻・桑島)・美波町日和佐>
●愛媛県 <今治市(菊間・朝倉・吉海)・八幡浜市(双岩・千丈・真穴)・宇和島市吉田・久万高原町仕七川・大洲市喜多>
●福岡県 <北九州市八幡西区(木屋瀬・星ヶ丘)・小倉南区蜷田・福岡市博多区・福岡市早良区田隈・福岡市西区今宿・福岡市南区(西長住・若久)・八女市・筑後市・久留米市竹野・大任町・直方市・新宮町・粕屋町・行橋市・飯塚市>
●大分県 <中津市・宇佐市(宇佐・駅館)・豊後高田市・玖珠町>
●熊本県 <菊陽町・球磨村>
●長崎県 <東彼杵町・南島原市・松浦市> など

<男女共同参画・教育委員会>
●秋田県東成瀬村
●福島県川俣町
●長野県長和町
●静岡県磐田市
●愛知県<小牧市・みよし市>
●京都府八幡市
●大阪府<泉大津市・摂津市安威川>
●山口県<山口市・美祢市>
●広島県江田島市
●岡山県里庄町
●福岡市西区 など

お客様の感想

人権というかたいイメージと違い、わかりやすく優しさを感じました。ちひろさんの声がとても印象的で良かったです。(高校生以上女性)
今回、はじめて金子みすずさんの詩をゆっくりと聞かせてもらいました。人として大切なメッセージや、生きていく中で大切にしていきたいことがたくさんつまっていて、子ども達にも伝えていきたいし、一緒に詩の意味や込められた思いを考えてみたいと感じました。また、詩に曲をつけて聴くことで、より想像豊かに味わえたように感じました。それは、作者の背景や詩の意味をじっくりと考え、つかんでいるからこそ、そのような曲をつけることができたのだと思います。今日は本当にあたたかい時間を過ごさせていただきました。また、はげみになった時間でした。ありがとうございました。(20代男性)
また改めて、金子みすずさんの詩を読み返してみたいと思いました。歌、メロディーによって、ずいぶんと理解しやすくなるものだと感じます。(30代女性)
すばらしい内容でした。とても大切なことがたくさんふくまれていて、すごくいいステージを続けられていると思います。これからも応援し続けます。(40代男性)
「星とたんぽぽ」のコメントで「それぞれが存在し、かかわり合いながら生きている」というのがありました。確かになあと改めて思うとともに、日常の中にある、かかわり合いを大事にしたいと思いました。歌も上手ですが、語りも上手でした。あっという間にひきこまれて時間があっという間にたちました。心地よい歌を聴きながら思いを巡らすことのできるよいコンサートでした。ちひろさん、ありがとうございました。(40代女性)
役割を果たす、おかげさまの心、メッセージの多いコンサートでした。(40代男性)
人をはじめ、身の回りのものすべてに感謝の気持ちをもつことが大切だと、コンサートを通して感じました。(40代男性)
優しい歌声に心が洗われる思いがしました。また明日から頑張れそうです。(50代男性)
すばらしいコンサート、心が洗われました。(50代男性)
子どもたちにもぜひ聴かせたいと思いました。とてもよかった。(50代男性)
大変感動しました。ありがとうございました。私は現在高校に勤務しておりますが、ぜひ保護者対象に講演をお願いできたらと思います。もしよければ講演料等、教えていただければ幸いです。(50代男性)
心温まる素晴らしいコンサートをありがとうございました。ちひろさんのわかりやすい言葉と説明で、金子みすずさんのおいたち、そして人権について教えていただきました。ちひろさんのますますのご活躍をお祈り申し上げます。(60代未記入)
楽しみにしていました。ピアノの音がすごくきれいでした。「私と小鳥と鈴と」の詩の解説がとてもよかった。「こだまでしょうか」は、人権出前講座の時、いつも子供たちの心に届くように伝えています。曲をつけて歌として伝えると、もっと子どもの心に届くだろうと参考になりました。(60代女性)
金子みすずさんの胸の内が、ちひろさんの詩の朗読によって、改めて金子みすずという人物はすばらしい人だと思った。また、ちひろさんも金子みすずに近い、心のやさしさをもっておられるのだろうと感じます。ちひろさんをわすれないでしょう。感動しました。今後も大勢の皆様に、この感動を伝えてください。(60代女性)
やさしい語りと笑顔いっぱいのちひろさん、みすずさんの詩を改めて思い出しました。歌とピアノ、詩のもつ意味等、どれをとっても感動するばかりでした。本当にありがとうございました。(60代女性)
心が豊かになった素晴らしいひとときでした。充実した時間を過ごさせていただきました。みすずの詩を通して、物の見方、心の在り方、生き方を、ちひろさんが語りと歌で伝えてくれました。しっかりと届きました。
(60代男性)
美しい言葉(詩)、心打つ言葉、そして美しい歌声に触れて、とても幸福、良かったと思います。21世紀、弱肉強食の時代に、少しでもみすずの詩に魂が近づくことを祈っています。(60代女性)
金子みすずの詩を読んだことはほとんどなかった。今日その一部を朗読と歌で聴かせてもらって、金子みすずの心のやさしさについてわかるような気がした。特に「私と小鳥と鈴と」が20年程前から小学校の教科書に載っていることを聞き、すばらしいことだと感じた。長門市生まれの金子みすずさんの詩を、山口県生まれのちひろさんが歌われるとは、非常にすばらしいことだと思う。心からエールを送りたい。(60代男性)
すばらしい。とても懐かしく、7~8年前にもなると思いますが、金子みすずさんの詩をコーラス部で習い、とても懐かしくて、ちひろさんの優しい声に魅了させられました。ファンになりました。内容もかみくだくように説明され、とても良かった。みすずさんとちひろさんとダブって見えました。本当にいいものを聞かせていただきました。ありがとうございました。(70以上女性)
ちひろ人権コンサートによって、私の心が変わってきました。とても優しくなったようです。いろいろ感謝しています。80歳になりまして、こんな心になれたこと、ありがとうございました。(70以上女性)
ちひろさんのコンサート、久しぶりに心が洗われたようです。光と陰、改めて考えさせられます。心のやさしさ、人権を考えさせるお話、皆に聴かせたいとても良いコンサートでした。(70以上女性)
全員で歌った「ふるさと」は大変よかった。感動した。全員で盛り上がった人権コンサートだった。(未記入)

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム