講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. スポーツ
  4. 片山 右京
片山 右京

片山 右京(カタヤマ ウキョウ)

肩書き

元F1レーサー

 

主な講演テーマ例と概要

【チャレンジ~諦めないで最後まで~】
F1レーサー、登山家、自転車競技選手としての自らの体験談を交えながらチャレンジすること、そしてチャレンジし続けることによって、自分の夢をかなえていくことの大切さを伝える。
【自然と向き合う】

 

略歴

1963年5月29日生まれ。
レーシングドライバーで、元F1ドライバー、登山家、自転車競技選手。相模原市の名誉観光親善大使も務める。
現在は、数々の自転車レースに選手として参加。登山家としても世界の名立たる高峰登山への登頂記録をもつなど、自然と向き合いながら、地球にやさしい環境づくりを提唱、クルマや自転車を軸に積極的に取り組む。世界7大陸最高峰登頂はエベレスト(8,848m)を残すのみとなっている。

1992-97年 F1にレギュラー参戦。日本人最多出場記録を持つ
1999年 ル・マン24時間レースにトヨタTS020にて出場。日本人チーム最高位2位記録
2001年 「Team UKYO」設立
2007-2009年 食用油の廃油を原料とするバイオ燃料を使いダカールラリー参戦
2009年 子供たちを対象に野外活動を中心とした「片山チャレンジスクール」を開校
2012年 国際自転車競技連合(UCI)登録サイクルチーム
      「Team UKYO」チームオーナー兼監督に就任
2012年 オセアニア大陸コジオスコ登頂。世界7大陸最高峰のうち6峰を制覇

 

経歴

1991年
 全日本F3000選手権に、CABIN RACING with HEROESより全11戦エントリー。
 シリーズチャンピオン獲得。
1992年
 ヴェンチュリー・ラルースチームより、FIAフォーミュラ1世界選手権全戦エントリー。
 ル・マン24時間レースにトヨタ・チームトムスより出場。
1993年
 ティレル・レーシング・オーガニゼーションより、FIAフォーミュラ1世界選手権全戦エントリー。
 第9戦イギリスGPより、新型マシン、ティレル021を投入。
 実戦の中でマシンを熟成させながら、ニューマシンを3戦連続完走に導く。
1994年
 ティレル・レーシング・オーガニゼーションより、FIAフォーミュラ1世界選手権全戦エントリー。
 開幕戦ブラジルGP、第3戦サンマリノGPにおいて5位入賞。
 第8戦イギリスGPにおいて6位入賞を果たす。
 ドイツGP・ハンガリーGP予選にて日本人最高位のグリッドを獲得。シリーズランキング17位。
1995年
 ティレル・レーシング・オーガニゼーションより、FIAフォーミュラ1世界選手権全戦エントリー。
1996年
 ティレル・レーシング・オーガニゼーションより、FIAフォーミュラ1世界選手権全戦エントリー。
 西ヨーロッパ最高峰モンブラン登頂(4,810m)
1997年
 ミナルディーチームより、FIAフォーミュラ1世界選手権全戦エントリー。
1998年
 トヨタ・チームヨーロッパより、ル・マン24時間レースに出場。
 5年ぶりのワークス参戦となるトヨタの新型マシンTS020の開発を担当。9位完走。
 アフリカ大陸最高峰キリマンジャロ登頂(5,895m)
 東ヨーロッパ最高峰エルブルース登頂(5,642m)
1999年
 トヨタ・チームトムスより、全日本GT選手権参戦。
 トヨタ・チームヨーロッパより、ル・マン24時間レースに出場。2位完走。
2001年
 Team UKYO 設立
 トヨタチームセルモwith UKYO より、全日本GT選手権参戦。
 10月世界第6位のチォーオュー(8210m)登頂
2001年12月~2002年1月
 パリ・ダカールラリー初出場。40位初完走。
2002年
 トヨタチームセルモwith UKYO より、全日本GT選手権参戦
 6月チームペスカロロより「ルマン24時間耐久レース」出場
 10月世界最高峰エベレストに挑戦するも南峰(8790m)で撤退する。
2003年1月
 「テレフォニカ・ダカール2003」へトヨタチーム・アラコより参戦
2004年1月
 「テレフォニカ・ダカール2004」へトヨタチーム・アラコより参戦
2005年1月
 「テレフォニカ・ダカール2005」へチームランドクルーザートヨタオートボデーより参戦。
 市販車無改造グループと市販車ディーゼルクラス3位(総合30位)
 4月より学校法人大阪産業大学客員教授として就任。
 8月「オートバックスアジアクロスカントリーラリー2005」へTeam UKYOで出場。
 総合8位、改造ガソリンクラスで2位完走。
 11月ネパール・アマダブラム峰(6812m)登頂
2006年4月
 Team UKYO にて(第8回)シマノもてぎレースにて2時間エンデューロ2人クラス4位完走。
 8月アジアクロスカントリーラリーへ「OTG・REVO with Team UKYO」としてバイオディーゼル
 燃料利用のトヨタ・ランドクルーザー100で出場。完走。
 11月世界第8位のマナスル(8163m)に再挑戦し登頂。
2007年1月
 ユーロミルホー・ダカールラリー2007年に世界初のバイオ燃料100%で出場。
 総合68位で完走。
2008年
 SPEEDCAR RACEシリーズにフル参戦。
 6月北米大陸最高峰マッキンリー(6194m)に登頂。
 7月エタップ・デュ・ツール(FRANCE)に参加、完走。
 11月ツール・ド・オキナワ参戦、完走。
2009年1月
 ダカール・ラリー2009トヨタ120PRADOバイオ燃料100%参戦。
 1月南米最高峰アコンカグア(6959m)登頂
2010年10月
 ジャパンカップにて宇都宮BLITZENよりクリテリウムにレース参戦。
 12月南極最高峰ビンソンマシフ登頂
2011年
 JET E2に参戦、2012年からJET E1に昇格。
2012年
 オセアニア大陸コジウスコ登頂(7大陸中6大陸最高峰制覇)

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム