講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. ビジネス全般
  4. 四方 啓暉
四方 啓暉

四方 啓暉(シカタ ヨシアキ)

現職

大手前大学現代社会学部教授
ザ・リッツ・カールトン大阪 元副総支配人

 

講演テーマ例と概要

□【リッツカールトンの究極のホスピタリティ】
□【リッツカールトンにおける社員教育とリーダーシップ】

「おもてなし」が流行語大賞に選ばれるほどのブームとなっている昨今。心からのおもてなし、いわゆるホスピタリティは、今なぜ必要とされているのでしょう。デフレからの脱却を本格的にしつつある日本経済にとって、消費者は本物を見極める姿勢は強まり、「他者より安く」といった従来の方法では生き残ることが難しい時代になりました。他社との差別化を模索している企業が多い中、ホスピタリティこそが、その一つの方法となりえるのではないでしょうか。 1997年に開業し、「ホスピタリティ」の代名詞となったザ・リッツ・カールトン大阪。ここを舞台に生み出される“お客さまの喜び”の土台には、ホテルのスタッフをはじめとする、かかわる人々すべての“幸せ”を追求する姿勢と、それを実現するための“精緻なマトリックス”があります。そのマトリックスの根底にある理念・哲学を示すなかで、“究極のホスピタリティ”が生まれる仕組みについてお話いたします。

 

主な実績

<講演>
資生堂、東京都市大学、東海東京証券、静岡銀行、兵庫県、IMBセンター、コスモ石油、アフラック、郵便局、日産自動車、野村證券、高島屋、本田技研工業、メルセデス・ベンツ日本株式会社、農林中央金庫など。

<審査員として>
「SC接客ロールプレイニングコンテスト全国大会」審査員
主催 社団法人日本ショッピングセンター協会
後援 産業経済省・国土交通省・農林水産省・日本経済新聞・横浜市

 

略歴

ザ・リッツ・カールトン大阪の立ち上げメンバー。
同ホテル設立の担当責任者としてザ・リッツカールトンホテルカンパニーとの相互信頼関係構築、異文化の理解・融合に尽力するとともに、契約・事業計画の策定や人事に7年間携わった。 開業後は副総支配人として、哲学の浸透など従業員教育、運営体制の確立を支え、同ホテルが「ホスピタリティの最高峰」と呼ばれるまでの基盤を築き上げた。

退任後は名古屋マリオット アソシアホテルの常務取締役総支配人、ジェイアール東海ホテルズ専務取締役などに就任。
現在は大手前大学の教授として、また立教大学では「ホスピタリティ・マネジメント講座」の講師として教壇に立っており、産学ともに「ホスピタリティ産業」における活躍を志す人材教育に力を入れている。同業界のみならず、幅広い業種・職種の方にもおすすめの講演内容です。 

1946年  2月24日生まれ
1969年  立教大学 法学部 卒業 ・ 立教大学 ホテル観光講座修了
       東洋ホテル(現ラマダホテル)宿泊部フロント支配人
1984年  大阪全日空ホテルシェラトン(現ANAクラウンプラザホテル大阪)
       宿泊部・宴会部・マーケティング゙部 支配人
1990年  阪神電気鉄道株式会社
       西梅田開発室ホテル事業 “The Ritz-Carlton Osaka”部長
ザ・リッツ・カールトン大阪設立の担当責任者として、ザ・リッツ・カールトンホテルカンパニーとの相互信頼関係構築、異文化の理解・融合に尽力するとともに、契約・事業計画の策定や人事に7年間携わる。
1997年  ザ・リッツ・カールトン大阪  副総支配人
2002年  株式会社ジェイアール東海ホテルズ
       名古屋マリオットアソシアホテル総支配人
2008年  株式会社ジェイアール東海ホテルズ専務取締役CS担当
現在    大手前大学現代社会学部教授
       立教大学「ホスピタリティ・マネジメント講座」講師

 

主な著書

四方啓暉著書  『リッツ・カールトンの究極のホスピタリティ』 河出書房新社

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム