講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. ビジネス全般
  4. 藤原 和博
藤原 和博

藤原 和博(フジハラ カズヒロ)

現 職

東京学芸大学客員教授
NPO子供地球基金顧問
杉並区立和田中学校・前校長
元リクルート社フェロー 

略 歴

1955年東京生まれ。
1978年東京大学経済学部卒業後、株式会社リクルート入社。
東京営業統括部長、新規事業担当部長などを歴任。
1993年よりヨーロッパ駐在。
1996年同社フェローとなる。
2003年より5年間、都内では義務教育初の民間校長として杉並区立和田中学校校長を務める。
2008年~2011年 橋下大阪府知事の特別顧問に。

著書に『人生の教科書[よのなかのルール]』『人生の教科書[人間関係]』(ちくま文庫)など人生の教科書シリーズがあり、「人生の教科書作家」と呼ばれることがある。ビジネス系では『リクルートという奇跡』、情報編集力の本質を和田中での改革ドキュメントとともに解説した『つなげる力』(ともに文春文庫)。教育系では『校長先生になろう!』(ちくま文庫)、『教師を信じろ!』(ぎょうせい)、共著に40万部を超えるベストセラーとなった『16歳の教科書』(ドラゴン桜公式副読本/講談社)、さらに家族論として長く父親、母親から評価の高い『父親になるということ』(日経ビジネス人文庫)がある。

なお、中高生向けには『ビミョーな未来をどう生きるか』、児童生徒の保護者には学力、いじめ、ケータイとテレビ問題を論じた『新しい道徳』(いずれも、ちくまプリマー新書)が読みやすい。

近著の、人生後半戦の生き方の教科書『坂の上の坂 55歳までにやっておきたい55のこと』(ポプラ社)は現在12万部を超えるベストセラーに。

日本の技術と職人芸の結晶であるブランドを超えた腕時計「japan」(左竜頭、文字盤漆塗り)を諏訪の時計師とファクトリーアウトレット方式でオリジナル開発。ネットを使えば個人新聞社や個人放送局だけでなく個人マニュファクチャラー(生産者)も可能になることを証明した。

高校時代はバスケット部だったが、弱くてもっぱら強い女子バスケ部の相手をさせられた。いまはテニスに一所懸命。3児の父で3人の出産に立ち会い、うち末娘を自分でとり上げた貴重な経験を持つ。詳しくは「よのなかnet」http://www.yononaka.net に。 

講演概要

リクルートのトップセールス、新規事業部長を経て、初代フェローというスーパービジネスマンの世界から転じ、東京都初の民間中学校長として和田中の改革を断行した経験をもとに、日本の社会構造やビジネス組織の変化と、それにともない、とるべき人生戦略の変化について提言していきます。ビジネスが立ち止まってしまうのも、教育の問題も、若い人たちのコミュニケーション能力が衰えていくのも同根です。みな「正解主義」から脱せられないからです。この沈滞を打ち破るには「情報編集力」を強化する必要がある。ビジネスでいえばブレスト、ロープレ、ディベートなど、コミュニケーション技術を磨かなければなりません。リーダーシップもチームビルディングもモチベーションを向上させて強い営業組織をつくるにも、「情報編集力」つまり「つなげる力」が鍵。ベストセラー『坂の上の坂』(ポプラ社)で示して話題になった「人生のエネルギーカーブ」を参加者自身に描いてもらいながら、人生に役立つキャリア形成や人間関係の築き方など『藤原流・生きるヒント』も満載。きっと「目からウロコ」の連続になるでしょう。

ポイント(以下のパーツの組み合わせをワークショップ形式で行う)
(1)[よのなか]科的に「情報編集力」を学ぶ~ブレストに強くなる
「情報編集力」って何だろう?成熟社会に大事になるのは「つなげる力」だ。
優秀なビジネスパーソンの条件である「脳をつなげる技術」を体験する。

(2)自分プレゼン術の練習~情報編集力(つなげるチカラ)を高めるために
リーダーシップの本質はいかに情報を編集するか。つまり「情報編集力」である。
自分自身のキャラを編集し、どのように相手に「架け橋」をかけるのか。
この技術を磨くと、部下や同僚への動機づけも上手くなる。顧客への動機づけも。

(3)人生のエネルギーカーブを描いてみる~人生を編集する視点の獲得
人生とは「波」である。したがってライフマネジメントに必要なのは、波の本質を
見抜く技術だ。「エネルギーカーブ」を描くことから、その原則を炙り出す。
いかにして、富士山型の一山の人生観から、八ヶ岳連邦型の人生観に移行するか。
『坂の上の坂』(ポプラ社)には、人生後半戦の出来を分ける55の知恵と技術を
描いている。 

主な著書

藤原和博著書

『藤原先生、これからの働き方について教えてください。』(ディスカヴァー・トゥエンティワン 2015/12)

「状況がさまざまに異なり変化する、「正解」なき「成熟社会」では、自分の頭の中で知識・技術・経験のすべてを組み合わせ、それぞれの状況に合わせて、自分も他者も納得できる「納得解」を導き出す「情報編集力」が必要です。」
本書では、リクルート社フェローから民間人校長へと転身し、教育界に前代未聞の変革を巻き起こし続ける藤原和博氏が、21世紀の「成熟社会」を生き抜くための働き方を講義します。
藤原和博著書 ◇ 『本を読む人だけが手にするもの』 (日本実業出版社 2015/9)
※Kindle版はこちら。 
累計100万部突破!! 仕事と人生に効く「よのなか科」特別授業 ―― 読書の効能
あなたは「なんで、本を読んだほうがいいのか?」という質問に答えられますか?親や先生は「本を読みなさい」と言いますが、その素朴な疑問にきちんと答えられる人は少ないのではないでしょうか。本書は、「人生における読書の効能」について、リクルート社で初のフェローや東京都の義務教育で初の民間校長を務め、「よのなか科」という現実社会と教育をリンクさせた大人気の授業やベストセラーで知られる藤原和博氏がひも解いていきます。
藤原和博著書 『たった一度の人生を変える勉強をしよう』(朝日新聞出版 2015/3)
アクティブラーニングの教科書で、旧来型の記憶力と情報量に頼った「情報処理力」ではなく、これから身に付けるべき主体的な「情報編集力」について、やさしく噛み砕いて解説しています。
藤原和博著書 ◇ 『35歳の教科書 今から始める戦略的人生計画』 (幻冬舎 2014/4)
※Kindle版はこちら。 
自分にしかできない仕事をやっているか。組織に埋没していないか。定年後に自分の居場所はあるか。…残業をしても給料は上がらず、ポジティブシンキングだけでも乗り切れない時代に、どう働き、生きるべきなのか。元リクルートフェローで元杉並区立和田中学校校長が提示する戦略的な人生計画とは。30代で身につけたいお金と時間の使い方を提示。
藤原和博著書 『負ける力』(ポプラ社 2013/12)
相手を打ち負かそうとするのではなく、強い相手であればあるほど、その力を合気道のように使ってビジネスする方法を説いている。「ベクトルの和」と名付けたこの技術を人生のあらゆる出逢いの中で駆使すれば、読者が持つパワーが増幅されエネルギーが満ち溢れてくる。人に助けられながら、不可能を可能にするチャレンジを続ける藤原流の極意が遂に明かされる。
藤原和博著書 『今、話したい「学校」のこと 15歳からの複眼思考』(ポプラ社 2013/3)
(「BOOK」データベースより)
学校のモンダイは、学校だけのモンダイではありません。例えば、いじめ。自殺。体罰。学校で、親子で、どのように話しますか?そこには唯一絶対の「正解」はなく、自分と、関わる他者が納得できる「納得解」を導きだす力が必富です。そのためには、見えるものを上手に疑う「クリティカル・シンキング」つまり「複眼思考」が大事。それは「生きる力」そのものです。その思想や哲学、思考力を鍛えるために、15歳にとって身近なテーマを例にとり、「よのなか科」の藤原先生が解説します。
藤原和博著書 『坂の上の坂 55歳までにやっておきたい55のこと』(ポプラ社 2012/11)
「坂の上の雲」を追う生き方は、寿命が延びた私たちの世代にはそぐわない。人生後半戦を決める鍵とは?晩節を汚す人、咲かす人の分かれ道を示す。
藤原和博著書 『父親になるということ』(日本経済新聞出版社 2011/5)
(「BOOK」データベースより)
子育ては、父親になるための1000本ノック!次々に投げかけられる子どもの「問いかけ」が、あなたを「子ども好きの大人」から「父親」にする。成熟社会(=正解のない時代)の父親像を示したと話題の書を文庫化。
藤原和博著書 『さびない生き方』(大和書房 2010/11)
(Amazon内容紹介より)
「みんな一緒」に成長できた社会から「それぞれ一人一人」が勝手に成長しなければならない社会に変わったいま、自己実現の場において、どう動いていけば、幸福感を得られるのか。40代でリストラや早期退職を迫られる現実に直面してしまった私たちが、これからの時代を廃れずに生き抜ていくために、必ずやっておくべきことはなにか。具体的な41の施策について、個のスキルを生かしたキャリアづくりの第一人者が指南。
藤原和博著書 『校長先生になろう!』(ちくま文庫 2010/10)
この本をすべてのPTAが読めば教育委員会はいらなくなるかもという決定版教科書。学校の七不思議の裏にある現実を知って、あなたも教育改革に参戦しよう!
藤原和博著書 『35歳の幸福論』(幻冬舎 2010/8)
人生とは何か?幸福とは何か?を眼に見える形で表したはじめてのやさしい哲学書。
35歳の教科書の姉妹本
藤原和博著書 『はじめて哲学する本』(ディスカヴァー21)
11歳以上の思考力、判断力、表現力を高めたい全ての大人たちへ。21世紀を生きる子どもたちへの遺言。小学校5年生から中高生でも読める哲学書で、プライド、結婚、離婚、会社、仕事、戦争と人間、生と死と死生観、「なんで葬式では黒い喪服なの?」から「ボクもいつか死ぬの?」まで、25項目の独りディベート題材を満載。大人の常識を徹底的に疑い、親子で「クリティカルシンキング」できる教科書。iPhone版も登場。
藤原和博著書 『教師を信じろ! 藤原和博と学校改革に挑んだ12人の怒れる教師たち』(ぎょうせい)
和田中改革を目撃した現場教師のホンネ、その戸惑いと成長。
藤原和博著書

『つなげる力』(文春文庫)

和田中改革のドキュメント。「夜スペ」の裏話も、すべてバラしてしまっています。ビジネス書としても、仕事上手の共通点「つなげる力=情報編集力」の要点をまとめました。
藤原和博著書 『35歳の教科書 今から始める戦略的人生計画』(幻冬舎)
発展途上だった日本と、成熟社会に入った日本ではゲームのルールが変わります。人生を豊かに生きる秘訣も。20代から50代までの人生のバイブル、人生が変わります。
藤原和博著書 『キミが勉強する理由』(朝日新聞出版)
小学生の子に読ませれば、自分で勉強するようになる。
藤原和博著書 『「ビミョーな未来」をどう生きるか』(ちくまプリマー新書)中学生以上
(「BOOK」データベースより)
「万人にとっての正解」がない時代になった。勉強は、仕事は、何のためにするのだろう。未来を豊かにイメージするために、今日から実践したい生き方の極意。
藤原和博著書 『新しい道徳』(ちくまプリマー新書
(「BOOK」データベースより)
情報化し、多様化した現代社会では、道徳を感情的に押しつけることは不可能だ。バラバラに生きる個人を支えるために必要な「理性的な道徳観」を大胆に提案する。
藤原和博著書

『リクルートという奇跡』(文春文庫)

リクルートという会社の成長と人材輩出の秘密、あの江副浩正元会長や田原総一朗氏が傑作!と評価した本、社員や官僚の「意識改革」には必読の書。

   他、著書多数あり。 

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム