講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. ビジネス全般
  4. 深沢 真太郎
深沢 真太郎

深沢 真太郎(フカサワ シンタロウ)

現 職

BMコンサルティング株式会社 代表取締役
「ビジネス数学」を提唱する、数字力トレーニングの専門家
多摩大学経営情報学部 非常勤講師

経 歴

1975年神奈川生まれ。

かつて数学に夢中になり、そのまま予備校の数学講師となるが受験指導に魅力を感じられず他業界へ転身。その後、外資系企業を中心におよそ10年のサラリーマン経験を積むが、人に役立っている実感を得ることができず、社会で自分が必要とされるポジションを模索。

そんな中、過去の経歴の掛け算で見つけた起業テーマ「“数字力”トレーニングの専門家」は瞬く間に教育研修業界でオンリーワンの存在となり、わずか3年で延べ4000名以上のビジネスパーソンを指導。

数字に苦手意識を持つ「弱者」を救うことに情熱を燃やす一方、既に数字に強いビジネスエリートにはまったく関心がないことでも知られる。

「受講者はすべて中学生だと思う」を哲学とする面倒見のよいキャラクターと丁寧な解説は、多くの研修担当者に「深沢先生でなければできない、ハートに響く数字の研修」と評される。

公益財団法人日本数学検定協会「ビジネス数学検定」1級AAAは日本最上位。

主な著書にベストセラーとなった『数学女子智香が教える 仕事で数字を使うって、こういうことです。』、『そもそも論理的に考えるって、何から始めればいいの?』(いずれも日本実業出版社)、『仕事に使える数学』(ダイヤモンド社)など多数。一部は日本の大学で教科書指定され、中国・台湾・韓国などでも多くの学生やビジネスパーソンに読まれている。

主なセミナーテーマ例・研修プログラム例

 専門分野
 数字力トレーニング(ビジネスパーソンを数字に強くさせる研修・セミナー)
数的思考で意思決定 仕事に使える数的思考入門
ビジネスの世界では日々、問題に遭遇しその都度何らかの結論を導き意思決定をしています。意思決定をする際には納得性の高い根拠が必要ですが、根拠となるものの一つに、数学を用いた分析結果があります。数字をどう使い、どう思考すれば仕事を前に進めていくのかを具体的に設定されたテーマでワークを行い、楽しみながら学んでいただけます。
 新入社員~中堅社員のスキルアップにぜひご活用ください。
相手を動かす!数字を使ったコミュニケーション術
ビジネスの世界では、「数字で語ること」が求められます。なぜなら、数字は誰にとっても明確な共通言語だからです。しかし、数字の使い方を誤ると思わぬ判断ミスをしてしまいます。数字は使い方ひとつでいろいろな解釈を生むのです。このセミナーでは、数字を使って意見を伝え説得する技術を学びます。数字に苦手意識のある方や中堅社員の方には特におすすめです。
 新入社員~中堅社員のスキルアップにぜひご活用ください。
マーケターのための『データ・数字に強くなるトレーニング』
バッティングセンターで空振りばかりの人がイチロー選手のバットを持っても、決して打てるようにはなりません。 本セミナーは、まずはバッティングセンターでボールをバットに当てるマーケターになることがゴール。ビッグデータ云々、高度な分析手法云々はそれができるようになった後の話です。
1.エクセルを使った初歩的な統計分析を現場で使えるようになる
2.フェルミ推定を演習で取り入れ、市場規模やビジネスターゲット数の推定力を高める
3.マーケティング担当者に必須の数的感覚を身に付け、日々当たり前のように数字を駆使して仕事を進められるようになる。
 新入社員~中堅社員のスキルアップにぜひご活用ください。

主な実績

<企業・団体>
SMBCコンサルティング
三菱UFJリサーチ&コンサルティング
パソナ
ダイヤモンド社(ダイヤモンド・ビジネスタレント)
マーケティング研究協会
公益財団法人日本数学検定協会
公益社団法人日本通信販売協会
日本ファイナンシャル・プランナーズ協会
東京・大阪をはじめとする全国の商工会議所
その他、大手企業の研修クライアント多数。
<教育機関>
慶応義塾大学大学院経営管理研究科(慶應ビジネススクール)
産業能率大学 産能マネジメントスクール
多摩大学
その他、全国の大学におけるキャリア支援講座の登壇。

主な著書

深沢真太郎著書 『営業マンにホントに必要な「数学」の話をします。』(U-CAN 2014/10)

※Kindle版はこちら

[Amazon内容紹介]
営業マンにとって、<数字>は必ず「武器」になります。でも、多くの営業マンは、<数字>を勘違いしています! 累計4,000名ものビジネスパーソンが「仕事ですぐ使える! 」と絶賛した、いま注目の数字活用術を大公開!営業マンにとって本当に必要な<数字>とは、売上目標や業績管理の数字でも、統計分析や財務会計の数字でもありません。本書は、成果を出せる営業マンになるために、営業マンにとって本当に必要な<数字>の活用術を解説しています。たとえば、取引先の担当者から、「おたくの商品、最近動きが悪いんだよね…」と言われたとします。こんなとき、あなたはどんな<数字>を使ってこの劣勢を挽回しますか?このような、営業の様々なシーンで使える実践的な数字活用術を8つのマンガストーリーを通して、「14」テーマ紹介しています。<数字のチカラ>であなたの営業は必ず変わります!
[出版社からのコメント]
大人気のブログメディア「ライフハッカー(日本版)」で紹介されました!(2015.1.27)
「難しいアプローチを避けているから、重要点を無理なく理解できる」(印南敦史氏)
本書を企画する際、実際に営業マンのみなさんに「仕事で数字って、使いますか?」とヒアリングをさせていただきました。ほとんどの回答が「売上目標とか業績の管理で数字は使いますよ」というものでした。想定どおりの回答でした。著者の深沢氏が提案する、営業マンにホントに必要な「数字」とは、そういった類の数字ではありません。では、それはどんな「数字」なのか。日本でただ1人のビジネス数学専門のコンサルタントであり、担当する研修のリピート率が9割を超えるという、いま注目の著者が解説する<営業マンのための数字の活用術>は読む価値ありです!
深沢真太郎著書 『「数学女子智香が教える」シリーズ特別セット』
(日本実業出版社 2014/10)
『数学女子智香が教える 仕事で数字を使うって、こういうことです。』『数学女子智香が教える こうやって数字を使えば、仕事はもっとうまくいきます。』の2冊をまとめたセットです。アパレル会社を舞台とした物語を読み進めていくことで、ビジネスで使用する数学の知識が基礎から身につきます。プレゼント用としても最適!
深沢真太郎著書 『数学女子智香が教える こうやって数字を使えば、仕事はもっとうまくいきます。』
                 (日本実業出版社 2014/7)
※Kindle版はこちら
[Amazon内容紹介]
◆今の仕事をほんの少し数字で考えると効率的に!
ふだん何気なくこなしている毎日の仕事。けれども、その仕事をちょっと数字を使って見直すと、効率的になったり、よりよい選択ができるようになったりします。本書では、数字アレルギーの人でも使える、仕事で数字を活かす方法を紹介。ビジネスパーソンが知っていたい数学的な見方・考え方をストーリーで解説する、「数学女子・智香」の第2弾です!
◆超文系男子と数学女子が協力してライバルに挑む!
舞台は、とあるアパレル会社。三度の飯よりファッションが好きな超文系男子・木村が、ファッションに関心のない数学女子・智香と協力しながら、どこの会社にもある身近な数字を活かしながらライバル店に勝つための戦略を進めていきます。
◆今日からできる実践的な数字の使い方が満載!
仕事を効率的にこなすための仕事算、粗利益が高くなる接客のやり方、割引セールの効果を最大にするための損益デッドラインの考え方、回帰分析を使ったベストなPR法の選び方など、会社にある数字を使って、よりよい仕事をする方法を解説します。
[「BOOK」データベース]
数学女子ふたたび!ライバル会社の出店で大ピンチ。すぐに成果を上げるために智香が使った数字とは!?売上だけ見て、満足していませんか?明日から使えて、実務に役立つデータの活かし方がわかる!
深沢真太郎著書 『たった9時間でSPIの基礎が身につく!!』(一ツ橋書店 2014/6)
[Amazon内容紹介]
1単元30分! 合計、たった9時間という短時間でSPIの基礎が身につけられる!!
就職活動では避けて通れない筆記試験。そして、もっとも受験する機会の多い試験がSPIです。でも、「大学に入学して以来、数学からは遠ざかっていた」 「国語の読解や文章整序なんて、入試以来やっていない」という人も多いはず。また、「数学が苦手で…」「国語の読解がどうも分からない…」などという人も! そんな方のために誕生したのが本書です。
はじめにウォーミングアップとして、四則計算の解説を掲載。そのため、数学が苦手という方も、いちから学び治すことができます。また、言語・非言語の各単元も基礎中の基礎から収録し、解説も身近な事例を取り入れて説明しているので、実感をともなった理解が得られます。もちろん、早く・確実に解くためのコツも満載。本格的にSPIの演習を始めたときなどに、「ちょっと忘れちゃった」という部分を復習するのに使用するのもオススメです。
[「BOOK」データベース]
ビジネス数学の専門家が解説するからこそ企業の求める力が身につく!
深沢真太郎著書 『数字を使えば9割伝わる!』(秀和システム 2014/3)
深沢真太郎著書 ■ 『数学女子 智香が教える 仕事で数字を使うって、こういうことです。』 
                    (日本実業出版社 2013/7)
※Kindle版はこちら
[「BOOK」データベース]
経験や直感で大事な意志決定をしていませんか?毎日、目にする仕事の数字を読み解いて、使いこなすためのコツ教えます!
深沢真太郎著書 『たった9時間でSPIの基礎が身につく!!』(一ツ橋書店 2013/6)
深沢真太郎著書 『こまったら、“数学的”に考えよう。』(すばる舎 2013/3)
※Kindle版はこちら
[「BOOK」データベース]
中学までの知識で充分!大人のための数学授業。“仕事のコツ”と“数学のキモ”が同時に学べる。
『仕事に使える数学』 (ダイヤモンド社 2013/2)

※Kindle版はこちら

【内容紹介】
仕事で必要な思考法は、あの「ツルカメ算」に隠されていた!
日本で2人しかいないビジネス数学検定1級(最上級AAA)の実績を持つ著者が、仕事に使える数学を楽しくレクチャー!数学が生み出す落とし穴、数字アレルギーを克服していく方法、ビジネスシーンで得をする方法など、ビジネスパーソンなら誰でも知りたい、明日からすぐ使える思考法やテクニックを存分に紹介します。
かつて学校で学んだ算数や数学は、「○○を求めなさい」と問題を提示されました。そして、それを求める素材はすべて揃っていました。しかし、ビジネスになると話は違います。「○○を求めなさい」という問題を解くシーンはほぼありません。ということは、どんなトレーニングが必要かというと、「問題形式でない事柄から、数字を使って何を読み取るか」を考えることです。これが学生ではなく、ビジネスパーソンに必要な数字との触れ合い方であり、苦手意識克服の方法なのです。本書で扱っている題材は、すべて算数や中学校の数学で学ぶものです。しかし、実はそれらがビジネスでも十分に役に立つのです。「デキるビジネスパーソンは数字に強い?じゃあ、数字に弱いワタシはどうすればいいの?」そんな疑問に答え、これまで苦手だった「数字」が、あなたの強い味方に変わる一冊です。

セミナー・研修ご担当者の感想

「算数ができない中堅社員の多さに愕然としました」 (研修を担当した某企業の経営者の言葉)
「普段のパフォーマンスの良し悪しが、深沢先生の研修でもそのまま如実に表れていました。やっぱり数的思考とビジネスマンの能力ってリンクしているんですね…」 (研修を見た大手企業部長さんの言葉)
「今になって思います。文系とか理系とか、もはや関係ないんだなって」
(新人研修をご依頼いただいた大手企業の人材育成担当課長の言葉)

 

4dx7s7tco6

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム