講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. ビジネス全般
  4. 山本 時嗣

山本 時嗣(ヤマモト トキオミ)

現 職

株式会社ダーナ 代表取締役
作家のプロデューサー

 

経 歴

出版研究を独学ではじめて10年。

2006年9月に人生の師匠、日本一の個人投資家と呼ばれる竹田和平氏との「邂逅」の後、
「徳」にもとづき、幸せに豊かに生きるための大切な教えをたくさん学ばせて頂くようになりました。
そして2007年4月に、株式会社ダーナ代表取締役に就任し 月刊「貯徳時代」発行人になりました。

2009年5月に師匠の本
「人とお金に好かれる貯徳体質になる!(講談社 刊)」の発行サポートをさせて頂きました。

2009年11月、師匠やお世話になった方々への恩返しと、サポートー応援やイベント業の集大成として、「応援の祭典」を日比谷公会堂で主催し、1600名と応援のチカラを共有しました。

同時期、結婚をし、将来の子育てに準備するべく奥さんの実家のすぐそばに住むことを決め、いい機会だからと、人生とおシゴトの棚卸しと整理をして、思い切って東京から大阪に引っ越しました。

そして大阪を本拠として、本格的に、

1.作家のプロフィールと出版企画書の作成コンサルティング
2.商業出版の実現へ向けての努力と出版エージェント機能の提供を行う「エージェント機能」の提供
3.プロモーションサポート

まですべてをサポートすることで作家の人生と作品の価値を最大化する「作家のプロデューサー」として本気で働き始めました。

2011年3月11日、大震災が起き、いろんな意味で目が覚めました。阪神淡路大震災が起きた日と同じ1月17日に生まれ、福島大学を卒業した者として、震災対策のプロフェッショナルチームである社会貢献団体ユナイテッドアースに参画しました。
http://united-earth.jp/

そんな活動をしつつ、大自然が残されている北海道に家族旅行をしたときに、自然とのふれあい、自然と自己との対話を静かにしたところ、

直観的氣づきを得て、これからは人だけでなく自然をメンターにして自然から学ぶことで幸せに豊かに愉しく生きるぞ!と決めました。

それで「自然に幸せな人」という言葉を好きで使うようになりました。

またおかげさまで最高に可愛い息子を授かり父親になり、育児を愉しみつつ人間研究を深めさせていただいています(感謝)

そんな生き方における大切な氣づきを活かしつつ、作家のプロデュースという本業に励み、失敗と成功キャリアを積み重ねることで、毎月1本以上のペースで発行させて頂くようになりました。

みなさまのおかげさまでプロデュース累計発行本数は45本(※2014年1月現在)となり、ベストセラー、ロングセラーの多数輩出にも貢献しています。

得意ジャンルは「自己啓発」「ビジネス」「スピリチュアル」「実用」「ノンフィクション」「エンタメ小説」と「オールジャンル」です。

1  自分と家族の幸せ
2  お客様と家族の幸せ
3  仲間と家族の幸せ
4  取引先と家族の幸せ
5  地域全体の幸せ
6  業界全体の幸せ
7  日本全体の幸せ
8  世界全体の幸せ
9  地球全体の幸せ
10 未来の子どもたちの幸せ

という「十方よしの出版」を軸に「一本入魂」でプロデュースし続けています。
※宗教団体、政党にはどこにも所属していません。

 

主な講演テーマ例

 長く成功している人の3つの奥義』
 例えば、日本一の個人投資家の竹田和平氏のように、
 50年以上も長く成功し続けている人たちが共通して持つ3つの奥義についてお話します。
 
 『ワクワク生きると夢や志が叶う』
 人生の軸に、ワクワクを選ぶようにすると夢や志が叶っていくことをお話します。
 
 出版を通じた長期的成功を応援するセミナー』
 商業出版して長期的成功をするために必要なことをお話します。

主な研修テーマ例

 『長く成功している人3つの奥義』
 例えば、日本一の個人投資家の竹田和平氏のように、
 50年以上も長く成功し続けている人たちが共通して持つ3つの奥義についてお話します。
 
 『ワクワク生きると夢や志が叶う』
 人生の軸に、ワクワクを選ぶようにすると夢や志が叶っていくことをお話します。

 

主な実績

株式会社ダイナビジョン 社員研修 株式会社ダーナ(自社)主催イベント
幻じゃない本当の富を築く『応援の祭典』に1600名動員に成功する。

その他

小冊子:『バブルや不況に左右されず、時代が変わっても「長く成功し続ける」3つのコツ』
を2009年10月に発行し1月に3,000名の方にお読みいただく。
豊かな未来をつくる教財『わくわくトレイン』発行人として独自配信で約1万名の方に
メールレターを発行している。

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム