講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. ビジネス全般
  4. 腰塚 勇人
腰塚 勇人

腰塚 勇人(コシヅカ ハヤト)

現 職

講演家

略 歴

1965年 神奈川県生まれ
元・中学校体育教師 / 元・養護学校教師
大学卒業後、「天職」と思えた中学校の体育教師になる。学級担任、バスケット部顧問として「熱血指導」の日々を送る。
2002年3月1日、人生を大きく変える事故が起こる。
スキーでの転倒で「首の骨」を折り、奇跡的に命は取り止めたものの、首から下がまったく動かなくなる。当時、医師からは「一生、寝たきりか、よくて車イス」の宣告を受け、あまりの絶望に「自殺未遂」をする。
その後、妻、両親、主治医、看護師、生徒たち、職場の同僚などの応援と励ましを受け、「自分の命があらゆるものに助けられ、生かされていること」に気づき、「笑顔」と「感謝」と「周りの人々の幸せを願う」ことにより、奇跡的な回復力を発揮する。そして、「下半身と右半身の麻痺」など、身体に障がいを残しながらも、4ヵ月で現場に復帰し、中学3年生の担任を務める。
主治医からは「首の骨を折って、ここまで回復した人は、治療した中では、腰塚さんだけだ」と言われるほどの「奇跡の復活」を遂げる。
その体験を「命の授業」として6分ほどの「ムービー(動画)」にして公開したところ、30万人を超える人々の目にふれることとなる。
2010年3月 「命の授業」の活動に専念するため、22年間務めた教員を辞職。
2010年5月 『命の授業』(ダイヤモンド社)を出版。
2010年7月 フジテレビ系『奇跡体験アンビリバボー』に出演
2012年3月 『感謝の授業』(PHP研究所)を出版。
2012年8月 フジテレビ系『テレビ寺子屋』に出演
2013年2月 月刊『致知』インタビュー記事掲載
現在「命の授業」の講演家として、自らの経験を元に、「命の尊さ」「生きていることの素晴らしさ」「ドリー夢メーカーの大切さ」「命の喜ぶ生き方」を、全国の小学校、中学校、高校、そして一般の方々に伝える活動をしている。全国から1600講演を超える「命の授業」の講演依頼があり、開始から8年で命の授業受講者は50万人を超える。

腰塚氏からのメッセージ

当たり前の日常から人生を大きく変える出来事へ
私、腰塚勇人は、中学校でバスケットボール部の顧問をはじめとして、生徒たちの教育・指導に一生懸命打ち込む「熱血教師」でした。その熱血教師の私に、ある日、人生を大きく変える出来事が起こります。
2002年3月、スキー事故で首の骨を折り、一瞬にして首から下が全く動かない状態に。
この事故が私の人生を大きく変えたのです・・・
4時間の手術の末、奇跡的に一命はとりとめたものの、全身が動かないという深刻な麻痺状態となり、あまりの絶望に、私の心は深く沈みました。
たくさんの人達に助けられ、生かされている自分との出会い
そんな私を救ってくれたのは、妻や両親、同僚の先生や生徒、病院のお医者さんや看護師さん、そして周りの人たちでした。そうした人たちの応援と励ましを受けて、私の心も再び動き始めます。
入院生活やリハビリでは、紆余曲折を経ながら、自分の命があらゆるものに「助けられ、生かされている」ことに気づきました。
その気づきをきっかけとして、奇跡的にも回復に向かい、4ヵ月の入院・リハビリの後、職場復帰を果たしたのです。
「ありがとう」の日々へ
この間、私の見方・考え方・感じ方は大きく変わりました。そして、人生も一変しました。復帰後は、障がいのある子供たちと向き合い、自らも体の一部に麻痺が残るという障がいを抱えながら、感謝と共に生きるようになりました。手術・入院・リハビリ・復帰後と、一つひとつのプロセスを経ながら、自分を受け止め、受け入れ、歩みを進め、そして、「ありがとう」の日々へ。
現在は教員を卒業し、命の大切さ・生きていることの素晴らしさ・両親・家族・仲間の大切さなど、普段の生活の中で当たり前に感じ、忘れかけている大切な幸せについて、また、皆様が誰かの何かを照らす存在であることを、講演や著書を通じてお伝えしていきたいと願っています。

主な講演テーマ

【命の授業】

主な著書

 『感謝の授業』
「命の授業」のルーツ。 腰塚勇人の命と人生を助けてくれ、「ドリー夢メーカー」となってくださった人たちの素晴らしさを伝えています。 人は誰もがドリー夢メーカーであり、誰もがすぐにドリー夢メーカーになれる!
 『命の授業』
「一生、寝たきり」と宣告され、自殺未遂までした中学校の教師が、家族や生徒の応援と、感謝の心により、復活を遂げる奇跡の実話。2002年3月1日…。人生を大きく変える出来事が起こりました。それは、首の骨を折って「首から下がまったく動かなくなったこと」です…。

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム