講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. スポーツ
  4. 齋藤 博士
齋藤 博士

齋藤 博士(サイトウ ヒロシ)

現 職

モーターサイクル レース メカニック

経 歴

1962年3月31日 東京荒川区に生まれ、茨城県で育つ。

神奈川大学貿易学科を卒業後、2輪メーカーに就職したが、
翌年、自己のレース活動に専念すべく退職。

才能、資金不足、怪我などにより、ライダーとしての活動に挫折したが、メカニックに転向。

1993年、ホンダ ワークスチームの契約メカニックとなる。 以後、6年間在籍。
1993年から95年の3年間を、宇川 徹選手と、97年からの2年間を故 加藤 大治郎選手と
ともに、全日本選手権250ccクラスに参戦。5シーズンで3度の全日本チャンピオンを獲得する。
2000年、カワサキレーシングチームとメカニック契約。2年間、全日本スーパーバイク選手権に
参戦したのち、2002年よりカワサキのモトGP開発プロジェクト発足とともに、開発チームの
チーフメカニックとなる。
2004年、開発拠点のヨーロッパへの移動と同時に、
       メカニックとして世界選手権モトGPクラスに参戦。
2004年で、カワサキとの契約を終了したのち、
2006年から、全日本スーパーバイク選手権に、メカニックとして復帰。

レースを始めたのは、大学に進学後、その大学も文系。レーサーになるにも、メカニックになるにも
不利な条件満載のなかで、すきなことだからと、続けていたら、いろいろな人々に出会い、
引き上げられ、押し上げられ、気がつけば、MOTO GPの舞台に立っていた。

想いは、現実化するというが、大切なのは、想い続けること。
イメージは繰り返しを経て実体化する。

主な講演テーマ例

「捨てる神あれば、拾う神あり。」
「与えられた仕事は、なぜかこなせる。」
「天才と呼ばれる人々。」

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム