講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. ビジネス全般
  4. 江上 剛
江上 剛

江上 剛(エガミ ゴウ)

現 職

作家

経 歴

1954年 兵庫県出身
1977年 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、旧第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。
      梅田・芝支店の後、本部企画、人事関係(総括部、業務企画部、人事部、広報部、
      行内業部監査室)を経て、高田馬場、築地各支店長を経て2003年3月に退行。
1997年 第一勧銀総会屋事件に遭遇し、広報部次長として混乱収拾に尽力。
      その後のコンプライアンス体制に大きな役割を果たす。
2002年 銀行員としての傍ら、「非情銀行」で小説家デビュー。
2003年 退行後、作家として本格的に活動。

経済小説の枠にとらわれない新しい金融エンタテイメントを描いている。
「失格社員」(新潮社)はベストセラーに。最新刊に「我、弁明せず」(PHP)がある。

主な活動

≪テレビ・ラジオ≫
◇「スーパーモーニング」(テレビ朝日)木曜8:00~10:00
◇「まーけっとNavi」(日テレNews24)金曜8:58~9:25
◇「パワーベイモーニング」(bayfm78)木曜7:30

≪雑誌・インターネット≫
◇日刊ゲンダイ(月)
◇WEDGE
◇AGOLA(JAL機内誌)
◇INPOKET
◇フォーブス日本版 等々

≪著書≫
◇アジアビジネス熱風録(文藝春秋)
◇怒れるガバナンス(時事通信)
◇会社の外で考えた(第一法規)
◇我、弁明せず(PHP)
◇失格社員(新潮社)

主な講演テーマ

 <経済>
 【起死回生―時代を生き抜く経営力】
 100年に一度の経済危機と言われる時代の中、経営トップの判断が企業の存続を大きく左右します。ただ生き残りを図るだけでは、衰退していくだけで成長はありません。必要なのは、企業を再成長に導く力です。今、企業・経営者が取るべき選択とは?その問いに対し、銀行員時代に多くの企業再生を目にし、現在は作家として多くの経営者と取材を行っている江上が語ります。
 
 【大不況を乗り切る決断と責任】
 危機のときにこそ、トップの決断が大切です。企業はトップの判断によって大きく左右されます。慣習にとらわれない行動力こそ、組織運営上必要なことです。総会屋事件などを通して感じた組織のあり方を提案します。
 
 【アジアビジネス最前線】
 発展を続ける中国やインドをはじめ、いまやアジア各国は製造拠点としてだけでなく、
マーケットとしても大きな可能性を秘めています。1年間に及んでアジア各国を取材したリポートを
基に、アジアにおける日本企業のあり方、今後のアジアの行く末を提案します。
 
 【格差社会とこれからの日本経済】
 広がる格差社会において、企業やサラリーマンはどうすべきか?サブプライム問題や原油高、
3K(建築基準法、貸金業法、金融商品取引法)などが日本経済に及ぼす影響など、企業と
サラリーマンがこれからの日本経済を生き抜く術を提示します。

 中小企業向け>
 【中小企業の再生へのヒント】
  出口の見えない不景気が続く中、中小企業が生き残るために必要なことは何か?
 現場への回帰、本業への集中、など銀行マンとして中小企業の再生に関わってきた
 経験から、中小企業の再生に必要なヒントを探っていきます。

 <その他>
 【新しい組織へ~コンプライアンス体制の確立】
 【組織における決断と責任】

 

主な代表著書

 『大罪』  『円満退社』
       
 『腐蝕の王国(上)』  『腐蝕の王国(下)』
       
 『座礁から巨大銀行が震えた日』  『異端王道』
       
 『復讐総会』  『銀行員諸君!』
       
 『起死回生』  『非情銀行』

 

主な近著

『リベンジ・ホテル』 『人生に七味あり』
       
『日本崩壊はここから始った』  『企業戦士』 
       
『奇跡のモノづくり』  『さらば銀行の光』 
       
『信なくば、立たず-サラリーマン「論語」小説』  『告発の虚塔』 
       
『成り上がり』  『我、弁明せず』 
       
『聖書に学ぶビジネスの極意100』  『もし顔を見るのも嫌な人間が上司になったら-ビジネスマン危機管理術』 
       
『江上剛の「行って、見て、聞く」-大人の社会見学』  『日暮れてこそ』
       
『戦いに終わりなし-最新アジアビジネス熱風録』  『亡国前夜』 
       
『再起』  『ごっつい奴 浪花の夢の繁盛記』 
       
『四十にして惑わず-サラリーマン「論語」小説』     

   他、著書多数あり。

 

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム