講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. 文化・芸術
  4. 渡辺 香津美
渡辺 香津美

渡辺 香津美(ワタナベ カズミ)

現 職

ギタリスト

経 歴

1953年 東京渋谷生まれ

高校に入った頃ジャズに開眼し中牟礼貞則に師事、
今田勝に認められライブスポットコンサートに出演。

1971年 東芝からデビユー・アルバム「インフィニット」を 出し天才ギタリストの出現と
      注目される。
      その後、鈴木勲、渡辺貞夫など国内のト ップグループに在籍する傍ら、 自己の
      バンドでも活発な活動を行う。
1979年 坂本龍 一、矢野顕子、村上秀一等、気鋭のミュージシャンたちと伝説のオール・
      スターバンド「キリンバンド」を結成し、当時のミュージック・シーンに衝撃を与える。
      同年 秋に敢行された「イエロー・マジック・オーケストラ」のワールド・ツアーに参加、
      各国各地で大絶賛を博し“KAZUMI”の名を一躍世界的なものとする。
1980年 記録的な大ヒットとなったアルバム「トチカ」を発表。
      同時に自己グループを率いての全米ツアー、アジアツアーを行い大成功をおさめる。
1984年 ジャズディスク大賞(日本ジャズ賞、第18回)
1991年 南里文雄賞を受賞。
1994年 「おやつ」翌年「遠足」とアコースティクギター・ソロに新境地をみせる。

一方、1996年ミノ・シネルと「esprit」発表。エスニック&プリミィティブな感性は、
新たなエレクトリック・バンドの方向性を暗示し各方面で絶賛される。
秋には初のアフリカツアー。

1997年6月にはフランスの伝説的ジプシーギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトに敬意を表した、
ヨーロッパでも価値の高い賞「DJANGO D’OR97’」(金のジャンゴ)の授賞式コンサート、
さらにはジャンゴ・ラインハルト・フェスティバルにも招かれ、彼の息子であるギタリスト、
バビクと共演賞賛を浴びる。 その他「パリ音楽の日」イベントでのピカソ美術館における
初のソロコンサート、「パリ日本年」での文化交流など、今後のヨーロッパでの活動も
大いに期待されている。

国内においてはジャズ誌の老舗「スゥイングジャーナル・ジャズメン人気投票」で、
24年間連続ポールウィナーの座をキープ。
ジャズというジャンルを越えて、すべての音楽ファンに評価される実力と人気を兼ね備え、
作編曲においても現代音楽にいたるまでの幅広い作風でクロスオーヴァーな魅力は
演奏にとどまらない。 96年より洗足学園ジャズコースの客員教授に招かれる。

1997年7月にはヒルトップスタジオ(有)を設立し、1994年より参加してきたプロジェクト
「アイレ・スーパー・ユニット」のリーダー、ピアニスト、作曲家である谷川公子とのパートナー
シップにより、音楽を中心とした様々なイベントプロデュースも行い、映像や舞台、空間、
旅、風土、造形、などとの、ジャンルを越えたコラボレーションを展開する。

1998年3月 静岡県沼津市において、自己のハイパー・エレクトリック・トリオ《青い山脈》
(ベース青木智仁・ドラム山木秀夫)にピアノ山下洋輔、そして筒井康隆をクラリネット奏者
として招いて「ジャズ大名スーパーセッション&トーク」をプロデュース。
同年、沼津市より「燦々(さんさん)ぬまづ大使」を任命される。

1998年6月 ニューヨーク録音によるピアニスト小曽根真とのデュオアルバム
「ダンディズム」をポリドールよりリリース。クラシックギタリスト福田進一とのデュオによる
初のDVD作品「禁じられた遊び」も7月にパナソニック・デジタルコンテンツより発表された。

1999年2月20日 日本を代表する作曲家、故武満徹氏のトリビュートとして東京オペラ
シティで行われた「鈴木大介リサイタル」に出演。武満の映画音楽作品のみならず、バッハ
の「マタイ受難曲」なども演奏し、新境地を開く。

1999年3月 ボトムライン New York にてライブレコーディング。
マイク・マイニエリ、ラリー・コリエル、ミノ・シネル、ジョン・パテトゥッチ、そして矢野顕子を
ゲストに迎えたこのアルバム「ワン・フォー・オール」が、1999年6月16日にポリドールより
リリース。スーパーメンバーによる、20世紀最後のカズミの痛快なライブセッションは、本人
がホストをつとめるCBCのテレビ番組「魂に聴け!」と連動していて、早くもその映像の
メディア化が熱望されている。エッセイストとしても活躍し、インターネットのホームページ
及びネットワークにおける新たなアプローチが注目されている。

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム