講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. スポーツ
  4. 村田 兆治
村田 兆治

村田 兆治(ムラタ チョウジ)

現 職

野球評論家

経 歴

1949年11月27日 広島県生まれ。
福山電波工業高校(現・近畿大学付属福山工業高校)卒業。
1967年 ドラフト1位で東京オリオンズ(現ロッテマリーンズ)に入団。
1969年 先発、完投、完封、安打、打点、得点と異例の初づくし勝利をあげた。
1971年 プロ入り4年目に「マサカリ投法」を完成し初めて2桁勝利。
1976年 21勝をあげ最優秀防御率投手、奪三振王を獲得。
1982年 右肘を痛めて戦列を離れ、再起不能、手術以外に治療方法がないと診断される。
1983年 渡米して日本人選手として初めての右肘の手術を受ける。
1985年 「サンデー兆治」の異名をとり、開幕から11連勝し不死鳥のごとく蘇り17勝5敗で
       カムバック賞を受賞。

23年間で215勝したほか、最優秀防御率をはじめ、数々のタイトルを獲得する。

1992年 生月島を皮切りに、『豪腕・村田兆治、島を行く』として、全国の有人離島をまわり、
  野球教室などを通して離島の人々とふれあい、島おこしにも一役かっている。
 今後、ライフワークとして勝ち数と同じ215以上の島を回るのを目標としている。
 合わせて『マサカリ基金』を設立。離島の人達の野球を支援したいと計画している。
 最終的な目標は、全国離島少年野球大会を行うことである。
1995年より3年間、福岡ダイエー・ホークス、投手コーチを務める。
2001年 プロ野球マスターズリーグ(プロ野球OBリーグ)では、東京ドリームスに所属。
 マサカリ投法で今なお、140キロのスピードボールを投げ、話題を呼んでいる。
2005年 野球殿堂入り。

現在は野球評論家として活躍をすると共に、プロ野球OB13人により長崎県対馬市に
設立された「対馬まさかりドリームス」の監督兼投手。

講演テーマ例

【人生先発完投】

主な講演実績

財団法人日本規格協会、札幌中央区役所、理想科学工業株式会社 他多数。(敬称略)

主な著書

 『まだ、現役には負けられない!』
   
 『速球の流儀―中年よ、不安に打ち勝つ体を鍛えろ!』
   
 『哀愁のストレート―もっと速い球を!』
   
   ■『剛球直言』(小学館)

 ■『右腕の傷あと』(マガジンハウス)

 ■『村田兆冶の直球人生』(日刊スポーツ出版社)

 ■『先発完投わが人生』(トクマブックス)

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム