講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. ビジネス全般
  4. 養老 孟司
養老 孟司

養老 孟司(ヨウロウ タケシ)

現 職

東京大学名誉教授

経 歴

1937年(昭和12年) 神奈川県鎌倉市に生まれる
1962年(昭和37年) 東京大学医学部卒業
一年のインターンを経て、解剖学教室に入る
以後解剖学を専攻
1967年(昭和42年) 医学博士号取得
1981年(昭和56年) 東京大学医学部教授に就任
東京大学総合資料館長、東京大学出版会理事長を兼任
1995年(平成7年) 東京大学を退官
1996年(平成8年) 北里大学教授に就任(大学院医療人間科学)
1998年(平成10年) 東京大学名誉教授
2003年(平成15年) 北里大学を退職
   
1989年(平成元年) 『からだの見方』(筑摩書房)でサントリー学芸賞を受賞
2003年(平成15年) 『バカの壁』(新潮社)で毎日出版文化賞を受賞
2006年(平成18年) 京都国際マンガミュージアム 館長就任

主な著書

 『バカの壁』(新潮社)
 『まともな人』(中央公論社)
 『養老孟司が語る「わかる」ということ』(新潮社)
 『養老孟司の“逆さメガネ”』(PHP研究所)

 
≪2008年1月~2009年3月 著書≫
『養老孟司の旅する脳』(小学館)
『日本人ならこう考える』共著(PHP研究所)
『読まない力』(PHP新書)
『男女の怪』共著(だいわ文庫)
『かけがえのないもの』(新潮文庫)
『虫捕る子だけが生き残る~「脳化社会」の子どもたちに未来はあるのか~』共著(小学館)
『うちのまる~養老孟司先生と猫の営業部長』(有)養老研究所著(ソニー・マガジンズ)
『養老孟司の人間科学講座』(ちくま学芸文庫)
『正義で地球は救えない』共著(新潮社)
『本質を見抜く力―環境・食料・エネルギー』(PHP新書)
『脳あるヒト 心ある人』共著(扶桑社新書)
『ほんとうの環境問題』共著(新潮社)
『虫眼とアニ眼』共著(新潮文庫)
他。

≪著書多数≫
「身体の文学史」「バカの壁」「死の壁」「超バカの壁」「養老訓」「ほんとうの環境問題」
「かけがえのないもの」「養老孟司の大言論」「ほんとうの復興」「身体巡礼」「『自分』の壁」(新潮社)
「ヒトの見方」「からだの見方」「解剖学教室へようこそ」「考える人」「無思想の発見」(筑摩書房)
「養老孟司の”逆さメガネ”」「本質を見抜く力」「環境を知るとはどういうことか」(PHP研究所)
「耳で考える」(角川書店)、「唯脳論」(青土社) 
「涼しい脳味噌、正続」「臨床読書日記」(文藝春秋社)、「脳に映る現代」(毎日新聞社)
「毒にも薬にもなる話」「こまった人」「まともな人」(中央公論社)
「ミステリー中毒」(双葉社) 「脳と自然と日本」(白日社)
「虫眼とアニメ眼」(徳間書店) 「記憶がウソをつく!」(扶桑社)
「いちばん大事なこと-養老教授の環境論」(集英社)
「養老孟司 ガクモンの壁」(日本経済新聞社)
「運のつき 死からはじまる逆向き人生論」(マガジンハウス)
「養老孟司のデジタル昆虫図鑑」(日経BP社)
「虫捕る子だけが生き残る」(小学館)

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム