講師派遣

  1. ホーム
  2. 講師派遣
  3. ビジネス全般
  4. 松本 真由美
松本 真由美

松本 真由美(マツモト マユミ)

現 職

東京大学 教養学部 附属教養教育高度化機構
環境エネルギー科学特別部門 客員准教授

略 歴

熊本県生まれ。上智大学外国語学部卒業。東京大学 教養学部附属教養教育高度化機構 環境エネルギー科学特別部門 客員准教授。専門は科学コミュニケーション、環境・エネルギー政策論。研究テーマは、「エネルギーと地域社会との共存」、「環境・エネルギー政策の国際比較」「企業の環境経営動向(ESG投資、SDGs等)」等、環境とエネルギーの視点から持続可能な社会のあり方を追求する。
上智大学在学中から、TV朝日の報道番組のキャスター、リポーター、ディレクターとして取材活動を行い、その後、NHK BS1でワールドニュースキャスターとして「ワールドレポート」等の番組を6年間担当した。2008年より研究員として東京大学での環境・エネルギー分野の人材育成プロジェクトに携わる。
2014年4月より現職。現在は教養学部での学生への教育活動を行う一方、講演、シンポジウム、執筆など幅広く活動する。
NPO法人国際環境経済研究所(IEEI)主席研究員・理事(2011年4月~)。NPO法人再生可能エネルギー協議会(JCRE)理事(2017年7月~)。原子力発電環境整備機構(NUMO)理事(非常勤)(2018年7月~)。
月刊「エネコ~地球環境とエネルギー」にて「松本真由美の環境・エネルギーDiary」2012年4月号より連載。隔月誌「地球温暖化」2018年7月号より「SDGsと脱炭素化~ビジネスの視点から」連載。
【委員等】
・平成29年度〜平成30年度 総合資源エネルギー調査会「再生可能エネルギー大量導入・次世代電力ネットワーク小委員会」委員
・平成25年度~30年度「産業構造審議会産業技術環境分科会地球環境小委員会 自動車・自動車部品・自動車車体WG」委員
・平成30年度 環境省「地域再省蓄エネサービスイノベーション促進委員会」委員
・平成30年6月~ 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構「NEDO技術委員」
・平成29年度 経済産業省「再生可能エネルギーの大量導入時代における政策課題に関する研究会」委員
・平成24年度~29年度「福島沖浮体式洋上風力発電実証研究事業に関する漁業協働委員会委員」
・平成27年度「新エネルギー等導入促進基礎調査(地熱発電の推進に関する調査研究会」委員
・平成22年度 電源立地推進調整等事業「日本のエネルギー2011」策定委員会委員

専門分野

環境問題、エネルギー問題、バイリンガルMC

講演テーマ例と概要

 【地球温暖化問題とエネルギー】
知っておきたい地球温暖化とエネルギー問題について全体の概要を解説します。地球温暖化の進行は深刻で、世界各地で大きな影響が出ています。地球温暖化のメカニズムやどんな影響が出ているかなど、映像を多用してわかりやすくお話します。また温暖化問題の国内外の取り組みについての最新情報、また火力発電、原子力発電、太陽光発電などの再生可能エネルギーの利点や課題について、比較しながら解説します。これからの未来に向けて、COをなるべく排出しない「低炭素社会」を考えていきます。
 【日本のエネルギー情勢とエネルギーミックスを考える】
日本のエネルギー情勢をわかりやすくお伝えするとともに日本のエネルギーミックスを海外のエネルギー情勢の話を織りまぜながら、日本の政策の方向性を解説します。また各エネルギーのメリット・課題もお話しし、皆さんとこれからの日本のエネルギー政策のあるべき姿を考えていきます。
 【企業の環境経営~企業の価値向上を考える~】
先進国を中心に、企業のESG(Environmental, Social and Governance)戦略の強化が加速しており、脱炭素化に向けたRE100、CDP、SBT(企業版2℃目標)の動向が活発化している。企業は、2030年の世界目標SDGsを中長期計画に落とし込むことが求められている。脱炭素化の鍵は、省エネ、エネルギー効率化、クリーンエネルギーへの転換、車両の電動化等があるが、環境クレジットの活用も含め、環境情報開示による企業価値向上をめぐる動向について、事例を交えて解説する。要望があれば、企業におけるネット・ゼロ・エネルギーへの方策についても提案する。

主な実績

【講演】
・電力技術懇談会主催「スマートタウンとスマートライフへの期待」(2014年5月)
・松原青年会議所主催「環境とエネルギー~低炭素社会へのシフト」(2014年4月)
・敦賀青年会議所2014年4月例会
「今こそ考えよう!エネルギーとまちづくり~敦賀の未来のために~」(2014年4月)
・三鷹市民大学総合コース「暮らしを見つめ直そう」(2014年度・全10回)
・地熱開発理解・促進シンポジウム
「地熱の活用で地域を元気に~温泉との共存・共栄を可能とするエネルギー活用策」
(2014年3月)
・東京工業大学ソリューション研究機構先進エネルギー国際研究センター主催
「第16回AES太陽光発電システム研究会発表会」にて「I Love PV! 太陽光発電に期待すること」
・東京大学有機系太陽電池普及に向けた用途開拓シンポジウムにて
「未来へつなぐエネルギー~有機系太陽電池に期待すること」講演(2014年2月)
・東京大学生産技術研究所主催「美しい日本の洋上風力発電のためのシンポジウム」にて
「地域との共生を図る~コミュニケーションの役割」講演(2014年2月)
・J-POWER主催第15回「エコ×エネ・カフェ」にて「再生可能エネルギーで日本が変わる?!」トークゲスト
・ひろしま地球環境フォーラム主催「環境講演会」にて
「もう一度考える地球温暖化とエネルギー問題」(2014年1月)
・ITメディア主催「15分でわかる太陽光発電」(2013年9月)
・新宿区エコリーダー養成講座
「知っておきたいエネルギーの基礎知識とがんばりすぎない省エネ対策」(2013年11月9日)
・Asian Productivity Organization主催
The Overview of Renewable Energy and the Status of Solar Power Adoption in Japan
(2013年10月14日)
・第14回風力エネルギー利用総合セミナー
「未来へつなぐ風力発電 コミュニケーションの視点から考える」(2013年6月27日)
・熊本県環境保全協議会主催
「地球環境とエネルギーを考える 企業の省エネ&切エネ対策は?」(2013年6月12日)
・山形新聞主催「女性のためのゆうゆう自適セミナー」にて
「私たちの暮らしとエネルギー問題をどう考える?」講演(2013年3月12日)
・「東京大学IR3S主催 第8回エネルギー持続性フォーラム 公開シンポジウム」にて
「産業界の視点から考える低炭素社会への新展望」講演(2013年2月20日)
・平成24年西部ガスシンポジウムにて
「地球環境とエネルギー~低炭素社会における天然ガスへの期待」講演(2012年10月4日)
・日本青年会議所三重ブロック協議会主催シンポジウムにて
「未来のエネルギーを考える」講演(2012年9月16日)
・未来エネルギー研究協会(核融合科学研究所)主催 第12回若手研究者のためのサマースクールにて「現在、そして未来へつなぐエネルギー」講演(2012年8月9日)
・東京都大田区自治会連合会主催講演会にて「地球温暖化と省エネ」講演(2012年7月9日)
・SPEED研究会主催軽井沢セミナーにて
「再生可能エネルギー事業に関する訪独調査報告」講演(2012年6月30日)
・アイシングル―プ主催第6回環境シンポジウム「循環型社会の構築に向けて」にて
「私たちの未来を考える~循環型社会へのシフト」講演(2012年6月28日)
・鹿児島市にて公益社団法人鹿児島青年会議所主催6月公開例会にて
「持続可能な社会づくりを目指して~循環型社会構築の必要性」講演(2012年6月26日)
・日本青年会議所岡山ブロック協議会主催会員大会
「みんなで考えよう これからのエネルギー~今、できる事・これから、できる事~」講演(2012年6月17日)
・全国ミツウロコ会山梨支部会主催講演会にて
「環境とエネルギー~低炭素社会へのシフト」講演(2012年6月12日)
・とくしま環境県民会議・徳島県主催「とくしま緊急省エネ・節電講演会~省エネ・節電から始める未来のエコスタイル」をテーマに講演(2012年6月7日)
・日本青年会議所近畿地区京都ブロック協議会主催「フォーラム国民参加型エネルギー事業次代に残そう誇れる京都」にて「未来につなぐエネルギー」講演(2012年5月27日)
・南アルプス市主催の講演会にて「地域振興と自然エネルギー」講演(2012年3月17日)
・早稲田大学主催「電力技術懇談会セミナー」にて「ドイツの再生可能エネルギー事業」講演(2012年2月27日)
・三重県21世紀のエネルギーを考える会主催の講演会にて「地球環境とエネルギー」講演(2012年2月17日)
【連載】
・月刊「エネコ地球環境とエネルギー」(日本工業新聞社)2012年4月号より「松本真由美の環境・エネルギーDiary」
・隔月誌「地球温暖化」2017年5月号より「松本真由美が解説!産業別の気候変動対策」
・隔月誌「地球温暖化」2018年7月号より「SDGsと脱炭素化~ビジネスの視点から」
・日本エネルギー会議ウェブサイトに2017年4月より寄稿
・国際環境経済研究所ウェブサイトに2012年4月より寄稿
【執筆】
「激論&直言 日本のエネルギー 100年後まで見据えた課題を総まくり」(2013年9月30日出版・日経エコロジー編)日経BP社
「地球温暖化とグリーン経済」(2012年12月10日出版・生産性出版・一般社団法人未踏科学技術協会編集)第3章「再生可能エネルギー事業に関する訪独調査報告」執筆
日本風力エネルギー学会誌2014年Vol.38通巻109号「生物多様性との共存を図る風力発電の開発~クリーンエネルギーとしての社会的受容性と地域振興~」
「未来へつなぐ風力発電~コミュニケーションの視点から考える」(Key Factors of Communication Driving Wind Power Projects)(太陽エネルギー学会Vol.39, 2013年)
国立国会図書館調査報告書「再生可能エネルギーをめぐる科学技術政策」にて「再生可能エネルギーを担う人材の育成における課題」(2014年3月)
【シンポジウム】
・産経新聞社主催「日本のために今~エネルギーを考える~」(2014年3月)
・「ITmedia Virtual EXPO 2014 春」にて
「10分でわかる再生可能エネルギーの近未来」(2014年2月18日~)
・「エコプロダクツ2013」環境コミュニケーションステージにて
「日本発・日本流再生可能エネルギー」対談(2013年12月12日)
・関西経済団体連合会主催「もう一度考える・日本のエネルギー政策のあるべき姿」
パネリスト(2013年11月29日)
・太陽光発電協会主催「第30回太陽光発電シンポジウム」パネルディスカッション
「太陽光発電 過去!現在!そして未来!」コーディネーター(2013年11月22日)
・経済産業省資源エネルギー庁主催「Green Energy Festa in TIFF」にてパネルディスカッション
パネリスト(2012年10月27日)
・太陽光発電協会(JPEA)主催「第27回太陽光発電システムシンポジウム」パネルディスカッション コーディネーター(2012年10月18日)
・日本青年会議所北海道地区主催「真に自立した北海道創造フォーラム~新たな産業の創出に向けて!」をテーマにパネルディスカッションのコーディネーター(2012年9月8日)
・新潟県主催「知事とのタウンミーティング」にて「再生可能エネルギー」をテーマにしたパネルディスカッション パネリスト(2012年3月13日)
【司会】
・公益事業学会ガス制度研究会主催「第1回ガス制度研究会シンポジウム(2014年4月)
・東京大学アライアンス・日本財団共同シンポジウム主「日本海:小さな海の大きな恵み」(2013年7月15日)
・外務省主催「原子力安全に関する福島閣僚会議の機会における「復興(含む風評被害対策)に資する被災地等でのサイドイベント」にて総合司会(2012年12月14日)
・東京都中央区主催「中央区子ども環境サミット2012」総合司会(2012年7月14日)
【主な出演番組】
CNN 「プライム・トゥデイ」(生放送) 金曜日担当キャスター
NHK・BS1 報道番組「ワールドリポート」(月~木) レギュラー・キャスター(1992-1998)
報道番組「BS-50」 「ワールドステーション22」
TBS 「関口宏のサンデーモーニング」
ANB 「情報バザール」司会
EX 「ナイトライン」、「ステーションEYE」 「ザ・CNN」
TX特番 「ヨーロッパ、障害者は今」バイリンガル リポート

 

いい出逢い創ります。ご相談、無料です。
電話番: 03-3505-5286 FAX: 03-3505-5287 専用メールフォーム